« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006年12月

2006年12月31日 (日)

来年の自分

私のような年齢のものにも、公平に年越しはやってきます。今年はカレンダーの並びがいいせいか、平年よりじっくり身の回りのことをする時間がありました。11月から12月半ばにかけて、あんなに忙しかったことのまるで反動のようです。世の中ってうまくできていますね。きっと、この時期は、自分のことをじっくり考えろってことなのでしょうね。

あらかじめ用意していた家計簿や手帳があるのに、また福袋で新しい手帳とカレンダー、家計簿を貰ってしまいました。主婦根性の抜けない私は、目的別に使い分けて、すべての手帳・家計簿を使い切る覚悟です。どんな貧乏根性なのか、まったく。

それにしても、新しい手帳や家計簿っていいですね。毎年、今年はどうしようかなって考える所から始まって、雑誌の付録についている節約型のやつにするのか、雑貨屋さんで売っている、ちょっとおしゃれなタイプにするのか悩みます。今年は両方手に入れたので、全部持ち歩いて全部使い分ける覚悟です(取りあえず、新年は)

来年からは、ちょっと変化があったもので、お金の管理もしっかりやっていかないと、今度は赤字に転落する気配濃厚です。会社の空気が、残業するより作業効率を上げていこう、といういい流れになっているようなので、もっと自分の時間を増やして、家族とのこともしっかりやって、今まで適当に済ませていたことも、しっかり向き合おうと思っています。毎年思う、「今年こそ丁寧に生きる」、今年はいろいろな方の助けを借りて、何とか実行して行きたいと思います。来年も頑張るぞ!

どこでもラクラク!DS家計簿 Video Games どこでもラクラク!DS家計簿

販売元:ナムコ
発売日:2006/12/07
Amazon.co.jpで詳細を確認する

2007年版クッキング家計簿 Book 2007年版クッキング家計簿

販売元:オレンジページ
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (2)

2006年12月28日 (木)

個の自分

久々に松原惇子さんの本を読んで、いろんなことを考えていた頃のことを思い出しました。結婚していても個は個、したいときにしたいことをして、誰にも従属せずに自分の食い扶持は自分で稼いで、というスタイルは、当時の私にとっては、子どもに汲々としていて正反対だったため、とても憧れていました。今、その子育ても一段落し、自分で自分を養うことが可能になったとき、果たして同じ気持ちかというと、そうではない気がします。

家族のために時間をとられることは、不自由ですが不幸ではありません。まず、自分がやりたいからそうしているのであって、必要に迫られる部分と、必要に迫っていると自分が判断している部分、そのせめぎあいだと思うのです。小さい頃の子どもは、世話をしてやらないと命にかかわるため、一日の大半をそのことに費やしました。それによって、十分自分の食い扶持を稼ぐことが難しくなったことも事実です。ただ、そんな時間は永遠ではありません。時間ができれば、もう一度自分を取り戻すことができます。仕事に戻ることも場合によっては可能でしょう。

一人で仕事を続けていても、常に勉強を続けてステップアップしていくことが必要なように、たとえ子育てで収入が減っても、その間、自分が何をしていたかによって、次の自分の立ち位置が決定してくると思います。歳をとれば雇用の条件も厳しくなりますが、その分、身の丈にあったチョイスをしていけば、きっと同じ状態にとどまることはないと思います。わたしの強みは何か、来年はその部分を考えながら、厳しい現実に立ち向かって行こうと思います。今年もお世話になりました。来年度もどうかよろしくお願いいたします。

ミセス 2007年 01月号 [雑誌] Book ミセス 2007年 01月号 [雑誌]

販売元:文化出版局
Amazon.co.jpで詳細を確認する

俳句歳時記―新年の部 Book 俳句歳時記―新年の部

販売元:角川書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (4)

2006年12月26日 (火)

熱にうかされた日々?

私が飽きっぽいのか、それともあまりに経済情勢が悪すぎるのか、ここのところ私自身の投資熱が下がり気味です。本日、用事で郵便局に寄った際、(株の配当金を頂きにいったのですが)局員の方に投資信託を勧められて、思わず「今はダメですよねえ。去年の今頃はよかったのに」と答えて、我ながらはっとしました。

そうなんです。昨年の今頃、ちょうどこのブログを始めた頃でしょうか、かなり巷も投資熱が盛んになっていました。だって、最初にブログを始めようと思ったとき、真っ先に選んだのがライブドアでしたもの。ブログと言う言葉を確立して、社長ブログのアクセス数がダントツ、あんなにIT長者として君臨されていたのに。インターネット界を席巻するカリスマ経営者として、ライブドアの信用性を上げて、巨大なバーチャル空間を作り出した、短い時間でしたが、それは確かに存在した時間でした。

ライブドアの株主の方は、今も大変な思いをされていますが、裁判は続いています。自己責任という言葉と、元本保証なし、という言葉の重みを皆がかみしめたこの一年だった気がします。だからといって、株より投資信託のほうが手堅いなんてことはありません。投資している部門によって、あるいは株が連動して動くことによって、いくらプロのファンマネでも、利益の損失は防げません。私自身も、ぼやっとしていたらかなりの損失をこうむっていました。早く売り抜ける才覚と時間がある方でないと、なかなか確実に利益を上げることは難しいですね。あっという間に利益はとんでしまう。また、あっという間に上がってしまうものですから。会社員の方でも、携帯電話でこまめに手入れされている方もいらっしゃいますが。

あの頃、中長期的に会社支援をする気持ちで株を買っています、なんてえらそうに言っていた自分が、今はつき物が落ちたように情熱を失っています。今手元に残しているのは、いつも利用しているので優待がおいしい流通系と、食品関係少しのみ。あとは外資系で投資信託を定額でやっているだけ。もちろん大きな利益は見込めません。もう、儲けようなどとは決して思わなくなりました。ただ、経済活動に参加している手ごたえだけ。もはや利益をチェックすることもありません。銀行で定期預金をしている、その感覚です。

お金に踊らされた一年でしたが、来年は少しよくなるでしょうか。税制も改正されるようですし、私自身も大きく環境の変化があって負担が増えたので、来年の見通しは明るくはありません。地道に、自分らしく過ごせていけたらと思います。まずは健康、肉体的にはもちろん、経済的にも健康体質をつくる、これがポイントですね。

「超速理解」株式投資のエッセンス[私の要約ノートシリーズ] DVD 「超速理解」株式投資のエッセンス[私の要約ノートシリーズ]

販売元:株式会社テクノロジー・エクスプレス
発売日:2006/09/01
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ズバリ株式投資 (説明扉付きスリムパッケージ版) Software ズバリ株式投資 (説明扉付きスリムパッケージ版)

販売元:ソースネクスト
発売日:2006/11/03
Amazon.co.jpで詳細を確認する

50歳までに1億つくる 今日からはじめる割安・成長株投資の本 Book 50歳までに1億つくる 今日からはじめる割安・成長株投資の本

著者:エンジュク
販売元:アスキー
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0)

2006年12月22日 (金)

育児休暇は誰のもの?

今朝のテレビで育児休暇を取る男性が1%未満である、ということを特集していました。ご覧になった方もいらっしゃるでしょうか。会社によっては、強制的に育児休暇を取らせてもらえるところもあるようです。女性にだけ負担をかけないように、という配慮のようですね。

現行の育児休暇に関する法律は、ワーキングマザーにはなかなか利用しにくい制度であるようです。私の子育ての経験からすると、一年間べったりで育児休暇をとる、というパターンではなく、普段は保育園や周囲の方に預けて、突発的なことがあるときとか、お迎えの時間のために週に何日かは残業の時間を制限していい、といった、フレキシブルなものがありがたいです。だって子どもは、いつどこで何があるかわからない。集団で保育される場合は、病気では預かってもらえないことも多いですので。お母さんも、職場復帰するにも、何ヶ月もたったあとからじゃ、とても復帰しづらい。一日中、子どもとしか話さない隔離状態なのに、いきなり数字だコンペだって生々しい場所に戻るわけです。それはしんどいだろうなと想像はつきます。

仕事は、日々の生活の糧を得るもの。細く長くでも継続していきたい。でも、会社はチームで動くもの。一人だけ勝手なことをすることは許されない。人間関係も、そこで壊れてしまっても、つらいのは仕事を続ける自分なんです。雇用形態を変更せざるをえない方が増えるのは、残念ですね。パートナーとの関係の洗い出しも必要かと思います。家族の協力は、目に見えても見えなくても、とても力になるものなので。

子どもをほしがらない若い女性が増えたと聞きます。ワーキングマザーが増えて、社会の理解が進めば、今度は逆に壊れてしまうものもありますから、その辺のバランス感覚が大切です。体は一つなので、プライオリティを考えて無理のないプランをたててほしいですね。育児休暇は、何のために誰のためにあるのか、皆でもう一度考えてみたいですね。

男性の育児休業―社員のニーズ、会社のメリット Book 男性の育児休業―社員のニーズ、会社のメリット

著者:佐藤 博樹,武石 恵美子
販売元:中央公論新社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

いますぐ始める育児・介護休業―業務・法規の重要ポイント Book いますぐ始める育児・介護休業―業務・法規の重要ポイント

著者:荻原 勝
販売元:中央経済社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (15)

2006年12月20日 (水)

アルバイトだって戦力だ

アルバイトを始めてやっと2ヶ月の娘は、日々アルバイトであったことなどを報告してくれます。その内容が親ばかなのか、なかなか興味深いのです。仕事を始めて数ヶ月だからなんて、あなどれない。するどい突っ込みに感心したり、なるほどと思ったり。

そういえば、息子もアルバイトを始めてもうすぐ1年と半年ですが、すでに職場では中堅並みにいろんなことをさせてもらっているようです。上司より仕事ができる、とは本人談。まさか自分が思っているほど、仕事は出来ていないとは思いますが、すでにマーケティングなどは、私も顔負けなくらい、いろいろ考えてやっているようです。それもそのはず、息子のいる支店は、関西でも1、2位を争う売上の高いところらしい。まんざらウソでもないのだろうな、と思うのは、息子のようなアルバイトでも、本日は何件注文があって、いくら売上が上がったのか把握しているところ。昨年の実績を踏まえて、では今年はどうしたらいいのか、前任の店長がキレ者で、徹底して叩き込まれたようで。

というのも、息子のいる配達エリアには、映画の都京都にふさわしく、映画村とか撮影所とかがあるのです。スタッフやキャストが頼んでくだされば、注文は大量にまとまるし、支払いは経費だし。個人のお客様にはない、能率のよさらしい。いえいえ、個人のお客様もありがたいですよ、もちろん、大歓迎です。さらにまもなく地下鉄東西線延長で、新駅が出来て、にわかにマンションが建設され、区庁舎が移転してくるとなれば、賑わいがさらに増すこと間違いナシです。売上は努力次第でさらにさらにアップが見込まれます。

さて、娘のアルバイトの話ですが、とある温泉施設のレストランのホール業務をやっています。お客様はファミリー層、あるいは団体さん、時には外人の方もいらっしゃるそうで、そんな中、小さなお子さんがお見えになることも多いとか。娘は子ども好きなので、そのようなお子様方の気を引くために、小さなシールを持ち歩いて、注文の際に、ぐずるお子さんにそっと渡したりするそうです。ファミリー層には子どもを味方につけたらこっちのもの、という大原則を知ってか知らずか、これがお客様に大変喜ばれたようで、「もっとかわいいシール、たくさん買っといて」との親への注文。ふ~ん、と思ってしまいました。子ども好きという何気ない行動が、お客様をいかにして楽しませるかと言う、サービス業の大前提のツボを押さえている。もちろん、それだけではありません。ホールとしてしなくてはならないことをきっちりやって、笑顔で接客して、その上で、いかにお客様に喜んでいただけるか、いかにシフトの行き届かないときにアシストできるか、ちゃんと考えられている。いやぁ、びっくりしました。店長さんの教育のおかげでしょうか。お客さまの方を向いて仕事ができている、本当に教えられることばかりです。すいません、バカ親で。

正社員以外の労働者の雇用に関する基礎知識―パート・アルバイト・派遣・契約社員 これでトラブルも起こらない! Book 正社員以外の労働者の雇用に関する基礎知識―パート・アルバイト・派遣・契約社員 これでトラブルも起こらない!

著者:安藤 幾郎
販売元:すばる舎
Amazon.co.jpで詳細を確認する

すぐに使える!アルバイト店長の作りかた 飲食・小売業編 Book すぐに使える!アルバイト店長の作りかた 飲食・小売業編

著者:矢萩 大輔,畑中 義雄,下田 直人,金野 美香,人事労務
販売元:九天社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0)

2006年12月18日 (月)

鬼籍に入られた方

娘の中学の恩師が、この年の瀬を越されることができませんでした。まだお若くて、ご結婚されてからも年が浅く、原因も心臓発作らしくて、あのお元気だった先生が、ということで、子ども達もショックが隠し切れません。昨日お通夜で、本日告別式。娘は学校を途中抜けして、参列するようです。

夫の田舎では、18歳の息子に殺されてしまった私ども夫婦と歳がそう違わない男性のニュースで持ちきりです。そういえば、全国ニュースで報道されて、ちょっと気になった事件でした。地元MLで話題になっていて、同級生だ、という方もいるようです。具体的にどこそこの誰々、と名前が出てしまっているせいでしょうか。

命ってこんなにはかないものだったなんて。だから、必死で生きるのか、だから、楽しく過ごすのか、人によって考えはいろいろでしょうが、生きていく困難さを考えれば、同じくらいの喜びがあってもいいのになと思います。今のところ、生きていくつらさ以上の喜びが、なかなか実感できないのが残念です。ただ、亡くなられた方々の無念さは、生きていく私たちがしっかり受け止めなくてはいけないと思います。

| | コメント (0)

2006年12月15日 (金)

結城紬をさがす

ご年配の男性から、ある日お問い合わせがありました。結城紬でとんびコートを作ったらどのくらいでできますか?という内容です。普通の洋装風のコートではなく、着物地で作ってしゃきっとお召しになりたいのだとか。

結城紬って、茨城県結城市で作られている、あの、結城?めっちゃ高額のイメージしかなかったのですが、調べてみました~。今は結城紬という名前で、全国各地の紬の産地で織られているそうです。本場の居ざり機(はた)のものは高価ですが、それこそ柔軟に考えれば、商品ならぴんからキリまであり、ご自身の予算と好みである程度のチョイスが可能です。

着物には織りの着物と染めの着物があることはすでに皆さまもご存知でしょうか。今はその両方がされている着物もあります。白大島の染め訪問着、なんて着物をちょうど先日仕立てたばかりでした、そういえば。

織りの着物は、大きく分けて、繭や真綿から紡いで作る紬、綿花の綿を紡いで作る木綿、繭から引いた糸を強く撚って織る御召、麻や植物繊維で織った織物の4種に分かれます。紬のうち、真綿を素材にしたのが真綿紬で、結城紬はその中でもグレードの高い代表格です。真綿とは、くず繭を引き伸ばして作った綿のことです。

繭から直接糸引きし、織物にした紬は、現在最も多く作られています。これは、経糸に真綿糸を使い、緯糸には生糸を使っているものです。この他、大島紬のように、機械で繭から引いた糸を何本か撚り合わせた生糸で織る紬もあります。

紬といえば、洒落着なのにやたら高価な着物の代名詞のようにいわれてきましたが、中にはお手軽で丈夫、お稽古着にはピッタリなものも。ポリエステルの洗える着物ばかりが台頭していますが、正絹の着物のよさ、あたたかさも同時に感じていただければと思います。

久米島紬 Book 久米島紬

著者:安次富 長昭,大城 志津子
販売元:源流社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

日本の手わざ〈第2巻〉大島紬 Book 日本の手わざ〈第2巻〉大島紬

著者:染川 弘光,大橋 哲郎
販売元:源流社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0)

2006年12月13日 (水)

時間に追われる

年末だから、でしょうか、年末なのに、でしょうか、ここのところブログの更新もままならない忙しさが続いています。年賀状の準備も大掃除も一切できないまま。実力以上のお仕事を受けたせいか、プレッシャーと戦い、時間と戦いながら着物の仕立てをしています。

お正月にはお召しになりたいだろうなあと思い、年末までに仕立て上げる予定の2着。1着は出来上がったのですが、もう1着はまだ未完成のまま。毎晩の取り組みも、あまり深夜になると次の日にひびくので、なかなか進みません。

忙しくても、何とかなっていた今までとはちょっと違うよう。やはり、自分の分をわきまえて、もっとやることをセーブしたほうがいいのかな。丁寧に生きるためには、自分を失わないで生きるためには、時間の余裕って大切ですよね。

来年の目標!ゆっくり生きたい。ゆっくりお付き合いしたい。さて、どのくらい達成できるでしょうか?今の生活、変えていきたいのですが。

| | コメント (0)

2006年12月 8日 (金)

バイオリズム?

普通に、いつものようにやっていても、なんか調子悪くなることってないですか?なんか、大きな負のバイオリズムの波にもまれているような…。自分でもびっくりするような結論を導き出すときって、実はそんなときなのかもしれない。

人には破壊願望があるそうです。どんなに順調に行っている人でも、ある日突然、壁にぶつかる。何かを変えたくなる。魔がさした、とか、なんであの人がこんなことを、なんて言われてしまうようなことをするときって、きっと誰にでもありうることなのかな。

手かせ足かせがあっても、責任や情があっても、破壊願望は止められない。真面目だったり一生懸命やってきた、という自負のある人は、特に、かもしれない。だから、「あなたは悪くないのよ。一生懸命やってるじゃない」と言われると、わけもなく泣いてしまいます。

反対に、なんでこんなに順調なの?あるいは順調だったの?(こっちの方が多いかな、過ぎ去って初めて、これが幸運だったのかと気づくことが多いので)と思うこともきっとありますよね。波があるからこそ、人生だといわれる方もいらっしゃるでしょうか。生活賭けて働いている人間からしたら、何を甘ちゃんが、と思われるでしょうけど。

思い起こせば、今年の前半にもこのような、絶不調の波が訪れたことがあったっけ。そんな時は、思いっきりネガティブな感情に浸るのが習慣になっています。書く内容も、言いたいことをストレートに言わないで、ネガティブに、しかも奥歯にものがはさまったような言い方で。感情をぶつけたいのに、後のことを考えて小ずるく立ち回る。だって時期があいて見直したら、こっぱづかしい事ばかりだから。人間を長くやっていると、いろいろありますね。どうやって発散しています?皆さま。

ストレス解消〜木漏れ日の中で Music ストレス解消〜木漏れ日の中で

アーティスト:メディカル・サウンド
販売元:デラ
発売日:1998/04/28
Amazon.co.jpで詳細を確認する

どんまい!わたし―すぐに役立つプチストレス解消法 Book どんまい!わたし―すぐに役立つプチストレス解消法

著者:いのうえ さきこ
販売元:扶桑社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0)

2006年12月 6日 (水)

素直が一番!

昨日、開かれたとあるセミナーで、講師の先生がおっしゃった言葉です。そのときいろんなトラブルを抱え、もやもやしていた私にとって、考えさせられる言葉でした。

素直という言葉は、いろいろな意味に取ることができます。一つには、自分自身に対して、無理をしないということ。きわめて健康的な意味ですが、同時に会社などの社会の中においては、ある意味自己中心的ということになってしまいます。また、別の意味で取れば、与えられた状況、使命の中で背伸びをせずに自分そのものを出す、言葉をねじまげないでそのまま受け取って自分に活かす、ということになるかと思います。

一つの出来事が起こると、いろいろな側面からその出来事をみることができます。例えば、転んで怪我をしたとしましょう。このくらいで済んでよかったと思うか、えぇ~運がわるっ!って思うか。不自由になった箇所ができることによって、いろいろなことを考えたり気づかされたりして、よかったと思うか、時間がもったいない、なんて自分は不幸なんだと思うか。それって大きな違いだと思いませんか?幸せ度数が大いに違ってきますよね。生き方の根本にかかわることにもなります。

「ふざけんな~!」と思って怒り狂っていたことが、実は後になって都合がよくなったり。どうしよう、再起不能だ、と思っていたことが、周囲の協力で意外とスムーズに解決したり。そんな出来事が繰り返し起こった、最近の私でした。年末だからでしょうか、怒りや困惑の沸点が低い気がします。気をつけなくっちゃ、素直に、素直に。

フジテレビ めざましテレビ 「39プロジェクト」 THANK YOU...-素直な気持ちで- Music フジテレビ めざましテレビ 「39プロジェクト」 THANK YOU...-素直な気持ちで-

アーティスト:オムニバス,WaT,AI,音速ライン,BON’Z,フィッシュマンズ,RCサクセション
販売元:ユニバーサルインターナショナル
発売日:2006/06/07
Amazon.co.jpで詳細を確認する

素直な心になるために PHP文庫 Book 素直な心になるために PHP文庫

著者:松下 幸之助
販売元:PHP研究所
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0)

2006年12月 4日 (月)

垣根の垣根の曲がり角

木々が燃えるような葉を落とし、季節は移ろって、色彩の少ない冬になってきました。こんな季節に、がんばって花をつけているものといえば、山茶花(さざんか)ですね。赤や白の花が、そこだけ日の光を集めて、明るく輝くように咲いています。

山茶花とよく似ている、といわれるのは椿。どこが違うかご存知でしょうか。椿の花は、咲いて落ちるときにボテッと全部一緒に落ちるのに対し、山茶花は花びらが一枚一枚ばらばらに散ります。美しい花が散ってしまうのははかないものですが、潔さ、名残惜しさもまたかっこいいですね。

「たき火」という唄(♪垣根の垣根の曲がり角~というアレですね)にもうたわれている、庶民的な花、山茶花。日本の家の原風景のような、家を取り囲む生垣に山茶花が咲く光景は、今ではかえって少なくなってしまっています。山茶花の庭、という形で寺院に残っていたり、植物公園内で見られたり、といった形が多くなっていますが、この季節に健気に咲く愛らしい花を、ぜひ楽しんでくださいね。

関西方面では以下の場所が有名です。

■□神戸市須磨離宮公園■□

アクセス   JR神戸線須磨駅からバスで5分
営業時間   9:00~16:30 木・12/29~1/3休園
入園料    有料
お問合せ   神戸市須磨離宮公園 TEL 078-732-6688

■□平城宮跡■□

アクセス   近鉄西大寺駅から徒歩10分
入園料    散策自由
お問合せ   奈良市観光課 TEL 0742-34-1111

■□天龍寺■□

アクセス   京福電車嵐山駅(終点)下車すぐ
       JR嵯峨野線嵯峨嵐山駅から徒歩10分
拝観料    散策自由 8:30~17:00
お問合せ   天龍寺 TEL 075-881-1235

■□龍安寺■□

アクセス   京福電車北野白梅町線龍安寺道下車徒歩7分
       〒616-8001 京都市右京区龍安寺御陵下町13
拝観料    大人500円、小中学生300円
拝観時間   この時期は8:30~16:30
お問合せ   龍安寺 TEL 075-463-2216

ツバキ、サザンカ Book ツバキ、サザンカ

著者:桐野 秋豊,箱田 直紀
販売元:日本放送出版協会
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (1)

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »