« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

2007年3月

2007年3月30日 (金)

桜に敬意を

桜がようやく開き始めました。昨日来の大嵐で、今朝はちょっぴり心配しましたが、かなり開いてきているようです。伏見の醍醐寺では、枝垂桜がもう満開になんだとか。東京や静岡では、今週末がお花見ピークのようですね。

開花宣言が出てから一週間、散り始めるまでのわずかな日にちしか、桜の美しい花は楽しめません。一年に一回、ほんの10日くらいのお楽しみですが、なぜかじっとしていられなくなる、見たら泣きたくなるくらいきれいだから、毎年この時期は気もそぞろになります。

桜に関連するお商売は、お酒や花見弁当、スイーツなどだけでなく、着物業界だって同じです。季節を先取りすることが粋だとされているので、今の時期だとせいぜい面積の狭い帯や帯揚げ、ちらりと見える半衿などで、桜を表すくらいでしょうか。ホンモノの桜が咲いているときには、自然の桜に敬意を表して、意匠になっていない、そのものの写実的な桜柄の着物は身につけないのが普通です。美しい桜が引き立つように、無地とか紬、幾何学模様の小紋などを身につけます。桜と競うように桜柄の着物をお召しになる方もいらっしゃいますが、この時期には密かに身に付ける、くらいにとどめておいた方が無難なようです。もちろん、いい悪いの問題ではありません。桜は一年中身につけてもいいとされる柄で、ことに故・宇野千代先生はいつまでも桜の大振袖をお召しになることでも有名でした。

さて、今年の桜で注目しているのが高台寺近辺の桜。実は4月3日にパーティーがあるのです。ちょうど桜が美しく見える頃かなと期待しています。お洒落な方々が88人も集まるパーティーなので、今からちょっぴりどきどきしています。晴れたらいいな。

桜よ―「花見の作法」から「木のこころ」まで Book 桜よ―「花見の作法」から「木のこころ」まで

著者:佐野 藤右衛門,小田 豊二
販売元:集英社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

花見と桜―日本的なるもの再考 Book 花見と桜―日本的なるもの再考

著者:白幡 洋三郎
販売元:PHP研究所
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0)

2007年3月28日 (水)

黒留袖を買いました

和裁のお稽古の課題で縫わなくてはいけないので、黒留袖を買いました。同じ買うなら、お稽古用のお手軽値段のものではなく、自分の子ども達の結婚式にも使えるように、気に入ったキレイめの柄、華やかめのものをチョイスしたため、結構なお値段になってしまいました。

留め袖の怖い(?)ところは、ただ仮絵羽になっている生地だけを買えばできる、といったものではないこと。胴裏の購入はもちろん、絵羽状態ですから解いて湯のしをして頂かなくてはなりません。八掛は仮絵羽についているのがせめてもの救い。さらに格上の着物にはガード加工と呼ばれる、汚れ防止の加工をしていただくため、価格はプラスされます。そしてこれからが本番。比翼仕立てをするため、比翼を購入。さらに紋が入っていないため、紋を入れていただく作業が残っています。

全工程をすべて計算に入れると、例え自分で仕立てるにしても、生地だけの値段のさらにさらに上乗せされて、途方もない金額になってしまいます。フォーマル着物は呉服屋さんが儲かるのは当たり前なんですね。必ず必要なものですから、レンタルにしても何にしても、一応用意はしますし。

さて、本日のお話は金額の愚痴ではありませんでした。紋入れのお話です。いざ、紋を入れてもらう段になって、自分の紋ってなに?と考え込んでしまいました。実は結婚するときに、喪服や黒羽織は持ってきたので、すでにその着物には紋が入っています。五三の桐といやつで、一般的に通用する紋らしい。

私の実家の紋は違い鷹の羽といい、もともと男紋らしく、実家の祖母が嫁入りするのに男性のような紋では都合が悪いだろうと、敢えて実家の紋ではなく、一般的に通用する紋にしてくれていたようなのです。地方によって、女性の実家の紋を受け継ぐ、いわゆる女紋と、婚家の紋を受け継ぐ男紋とあるらしい。私の祖母は、どっちでもいいように、という配慮で、五三の桐にしてくれたようなのですが。

さて、改めて自分が買った黒留袖に紋を入れようと思ったとき、ぜひ実家の違い鷹の羽を入れようと思いました。だって、今私がここでこの紋を入れないと、実家の紋はこれだよと知っている人間がいなくなり、娘に伝えることが出来なくなります。人間は続いていくのだからいいじゃん、って問題でもなく、家紋が途絶えるということは、伝統が途絶えるということ。その方がもっと怖い気がしたのです。

男のような紋だけど、敢えて実家の違い鷹の羽を入れる。それは着物に携わる私の意地でもありました。そして、これを私の二人の娘に受け継がせる。きっとご先祖様がそのように仕向けてくださったのだと思っています。今は亡き祖母も、きっと納得してくれるでしょう。家紋に感謝、です。

家紋と家系事典―名前からわかる自分の歴史 Book 家紋と家系事典―名前からわかる自分の歴史

著者:丹羽 基二
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

家紋を読む―ルーツと秘密を解き明かす Book 家紋を読む―ルーツと秘密を解き明かす

著者:能坂 利雄
販売元:ベストセラーズ
Amazon.co.jpで詳細を確認する

日本の家紋 Book 日本の家紋

販売元:青幻舎
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0)

2007年3月26日 (月)

なつかしいメロディ

うんと若かった頃、大好きだったアーティストが、今も元気に活躍しているのを目にするのは嬉しいもの。それも、今現在好きなユニットに曲を提供して、だとなおさらです。どうして大好きな人たち同士がコラボするの~vv単なる偶然じゃないみたい~と余計に一人で盛り上がっているのは、勝手な思い込みってわかっていてもわくわくします。

日本の上位メダル獲得で、大盛り上がりのうちに閉幕した世界フィギュア2007、そのテーマ曲を歌ったTOKIOの「ラン・フリー(スワン・ダンスを君と)」のお話です。この楽曲、どっかで聞いたな、と思っていたら、甲斐よしひろ氏の手によるもの。昔大好きで、何度も何度も聞いていたため、最初に聞いたら同じにおいがして、すぐわかりました。いまや伝説となった甲斐バンド時代を髣髴とさせる歌い方を、長瀬くんが着実に引き継いでいる感じがします。

メダル受賞者の涙が印象的だったこの大会を、大いに盛り上げた「ラン・フリー(スワン・ダンスを君と)」、甲斐さんのあの大好きだったメロディが、劇的に彩ってくれた気がします。思わずアマゾンで、TOKIOのシングルCDと、甲斐バンドの「シングルズ2」を注文してしまいました。思い出させてくれたTOKIOにも感謝です。TOKIOは今大好きなアーティストなので、大ヒットを期待したいですね。甲斐さんを知らない方々にも、もっと知って欲しいと思います。

シングルズ Music シングルズ

アーティスト:甲斐バンド
販売元:東芝EMI
発売日:2000/06/07
Amazon.co.jpで詳細を確認する

甲斐バンドストーリー Music 甲斐バンドストーリー

アーティスト:甲斐バンド
販売元:東芝EMI
発売日:2001/11/28
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ひかりのまち/ラン・フリー(スワン・ダンスを君と)(初回限定盤A)(DVD付) Music ひかりのまち/ラン・フリー(スワン・ダンスを君と)(初回限定盤A)(DVD付)

アーティスト:TOKIO
販売元:ユニバーサルJ
発売日:2007/03/28
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0)

2007年3月24日 (土)

米は太る?太らない?

お米って太りそう、なんてお考えの方、ちょっと待って。ご飯を食べることが実はダイエットに結びついているってご存知でしたか?

私の知り合いのお医者さんのお話では、ご飯を食事のメインにすえて、三食をきちんと食べること、おかずばかりを偏って食べるより、エネルギーのもとになる糖質(炭水化物)と、体内で合成できない必須アミノ酸(たんぱく質)をバランス良く含むご飯を食べて、その上でおかずを食べることがダイエットになるんだそうです。これが本当なら、私たちは長く、とんでもない誤解をお米に対して持っていたことになりますね。

事実、日本は一昔前、ご飯がメインでおかずがちょっぴりの粗食でしたが、みんな畑仕事とかちゃんと元気に出来ていましたよね。よく身体を動かす人が多かったせいか、特に太っている方にはなかなかお目にかかれませんでした。みな、始末して朝から晩まで働き、食事も時間をかけずにうまく栄養が摂れるように、常備菜を用意したり、旬の食材を保存食にしたりしていました。

飽食の現代ですが、白いご飯もさることながら、一工夫されたおにぎりを食べるのも楽しいもの。具が入っていたり、巻いたり混ぜたりされているおにぎりは、ただのお米より楽しいし、片手で簡単に食事が摂れる優れた食品です。忙しい方にはおすすめかもわかりませんね。

世の中なんでも占いブームですねえ。こんな占いを見つけました。ぜひやってみてください。

お米大好き―おにぎり・丼 うまい店100 Book お米大好き―おにぎり・丼 うまい店100

著者:高柳 由紀子,柳生 九兵衛
販売元:エクスナレッジ
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ススメおにぎりコロコロ〈その1〉米の巻 Book ススメおにぎりコロコロ〈その1〉米の巻

著者:おぐま こうじ,ほりえ いくよ
販売元:偕成社
Amazon.co.jpで詳細を確認する


| | コメント (0)

2007年3月23日 (金)

ちっちゃい子の着物

次年度の和裁の課題のために、一ツ身、四ツ身の着物を探していると、いろんなことが見えてきました。一ツ身、四ツ身とは子供用の着物のことで、一ツ身はお宮参りの祝い着など、つまり赤ちゃん用です。四ツ身は中裁ともいい、今でいう5歳から7歳くらいまでの着物のこと。それ以上になると、大裁を肩上げなどして着せます。ちなみに三ツ身は、よく被布と組み合わせて着せたりする、3歳~5歳くらい用の着物です。着せる時期が本当にわずかな、超かわいい形のものです。

今ではこういう子供用の着物は、生活の変化で廃れていったのか、なかなか反物としてはないことが多いですね。本当に、ここぞといったときの祝い着でしかなく、写真で残す程度。そこで大人用の反物で小紋柄、しかも小さな柄を選んでとりわけ、この用に足す、といった感じになってしまいます。または、すでに仕立てあがったものを洗い張りして仕立てるとか。まったくカリキュラムになければ、気付きもしなかったことです。

このような祝い着や子どもの着物は、親がしてやるというより、多くはおじいちゃんおばあちゃんが、自分の楽しみ?のようにして、用意してやることが多いもの。毎日、子育てに振り回される親世代は、時間もお金の余裕もないことが多いですね。自分自身の経験からも、そう思います。

私は幸いにも、着物に関しては、子ども達に「任せておいて」といえる状況になっています。自分が縫えなくても、探してくることはできる。または、楽しみで少しずつ反物を買い集めたりして、行事ごとに誂えては孫に着せてやることは可能です。子ども達は小さいので、覚えているかどうかはわかりませんが、きれいなおべべ着たことは、心のどこかでひっかかってくれているといいなと思います。日本人の着物離れといわれて久しいですが、誰かが何らかの形で伝承していかなくてはいけませんものね。いろんな種類の着物を知る知識も、誂える技術も。そして伝える心も、ですよね。

はじめてでも縫えるこどものきもの―七五三の晴れ着・被布・羽織・はかま・お正月のきもの・ゆかた Book はじめてでも縫えるこどものきもの―七五三の晴れ着・被布・羽織・はかま・お正月のきもの・ゆかた

著者:林 ことみ
販売元:文化出版局
Amazon.co.jpで詳細を確認する

江戸の子育て Book 江戸の子育て

著者:中江 和恵
販売元:文藝春秋
Amazon.co.jpで詳細を確認する

どうする?子供のお祝い―命名・お宮参り・端午の節句・ひな祭り Book どうする?子供のお祝い―命名・お宮参り・端午の節句・ひな祭り

著者:わか草研究会
販売元:金園社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0)

2007年3月20日 (火)

着物に教えられる

「さくらん」や「大奥」など、時代考証のしっかりした映画が増えてきましたね。その時代を映す鏡として、着物の役割はますます重要になってきました。「きれいなおべべ着て」という言葉、すでに死語になっていたかと思いきや、なかなか現代でも十分に交わされる会話のようです。息子や娘の高校の卒業式では、90%以上の確率で女学生は振袖か袴、男子学生にいたっては50%が羽織袴という脅威の数字が。京都だから当り前?それにしても、ドレスの方が肩身が狭いって、本当に現代日本?と思ってしまいます。

着物だったらなんでもいい、というわけではなく、着物ほどオンオフのはっきりした着るものはないわけで。小紋なら街着、黒留はフォーマル、訪問着はセミフォーマル、と明確な線引きがなされています。紋が入ると全く街着としては着られなくなり、小紋では原則、ホテルや格式ばったところでの結婚式には無理。帯にも明確なランク付けがあります。その格付けをわかった上でコーディネートする分はいいけれど、知らずに身に付けるとかえって非難の的となり。着物は皆同じと思っていると、とんでもない目に遭います。

また、着物は一枚で身に付けるものではなく、袖丈・裄にあった長襦袢というものが必要になってきます。フォーマルならそれにふさわしい色柄。着物が薄色なら襦袢もそれに準じて。八掛の色は?伊達衿は?さらに小物との組み合わせになると、それこそ何百とおりにも組み合わせが存在します。衿の重ね方にしても、衣紋の抜き方にしても、粋とかおしゃれとか言われる方々は、もちろん、押さえどころが違う。昨日や今日、マネのできるものではありません。

自分で反物の用尺をはかり、自ら縫って着物の形を整え、さらに仕事柄コーディネートまでしなくてはならない私でも、いまだよくわからない世界が存在します。袖付けの留めでさえ、何通りものやり方があり、それぞれが正しい、ということも、着物にはきせがかかるのに、コート類の表地には割って仕立てるのだ、ということも、最近知ったことの一つです。服飾の歴史は文化の歴史、そしてそれは簡単に会得できるものではない壮大な伝承ごとだということを、改めて考えたりしています。えらいことに首を突っ込んでしまいました。

隠し剣 鬼の爪 DVD 隠し剣 鬼の爪

販売元:松竹
発売日:2006/11/22
Amazon.co.jpで詳細を確認する

白虎隊 DVD 白虎隊

販売元:バップ
発売日:2000/12/06
Amazon.co.jpで詳細を確認する

たそがれ清兵衛 DVD たそがれ清兵衛

販売元:松竹
発売日:2006/11/22
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0)

2007年3月18日 (日)

地獄はこれから

先日、留学してアップアップしている娘のことを書きましたが、その後日談です。同じく学生時代に2度、イギリスに留学している今の私の英会話の先生に、娘のことを相談しました。そしたら、思わぬ答えが返ってきたのです。これから留学を考えておられる方のご参考に、書いておこうと思います。

私の先生は、留学経験もあり、現在はイギリス人のご主人と結婚され、日本で生活されています。子どももいるのですが、家族の日常会話は英語で、という生活です。

先生によると最初の留学では、言葉もよくわからないし、ホームシックにはなるけど絶望はしないそうです。ところが本当の地獄はこれから。2回、3回と留学が進んでくると、英語も理解できますし、聞かなくてもいいことまで聞こえて来てしまいます。つまり、差別用語です。

イギリスに限らず、外国では東洋人、アジア人に対する非難の目は厳しいものがあります。外見から来るもの、歴史的なもの、今までのステレオタイプの日本人の態度から来るもの、動機は様々ですが、残念ながらいわれのない偏見にさらされることになります。もちろん、リベラルな考えの方々もいらっしゃいますが、人生の中でも人徳者となるべき年配の方に、差別意識があるのは一番驚くべきことです。

日本でもそうですよね。外国人を見かけると、日本人だってどうしていいのかわからない、といった態度をとる人も多くいます。先生のご主人も、来日4年、日本語もある程度わかる、なによりトム・クルーズなみの若くて男前なのに、です。混んでいるバスの車内で、自分の横にはどうしても誰も座らない、というような、分かりやすい形で差別が発生するそうです。

母国で生まれて母国だけで生活している人には、絶対理解できないことでしょう。人間は、自分とは違う人を排除してしまうのは、仕方のないことなのでしょうか。どこの国の人でも、気軽に留学だとか、旅行だとかしますが、その実、埋まらない溝は今も存在してあらゆる人々の意欲をそいでしまっているんだとしたら。がんばりたいって、何かを犠牲にしてまで外国に旅立った人が、絶望することがあるとしたら…。同じ日本人だって理解しあえないんだもん、言葉が通じない人なんて無理、と思ってしまうのは、きっとよくないことですよね。言葉を学ぶことは、マナーを学ぶこと、思いやりを学ぶことと同列に考えないといけませんね。

CDツイン いーっぱい! 英語のうた  全60曲 Music CDツイン いーっぱい! 英語のうた 全60曲

アーティスト:英語の歌(教材用),クロイ・マリー・マクナマラ,ASIJ Kids,Kent Children’s Chorale,Caroline Atteread,ブルー・ストリームズ,Ashleigh Webster,Alex Chaplin,St.John Fisher R.C.J.M.I School’s Children
販売元:コロムビアミュージックエンタテインメント
発売日:2004/06/23
Amazon.co.jpで詳細を確認する

英語が苦手な大人のDSトレーニング もっとえいご漬け Video Games 英語が苦手な大人のDSトレーニング もっとえいご漬け

販売元:任天堂
発売日:2007/03/29
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0)

2007年3月16日 (金)

外から見る

娘がオーストラリアに留学して一週間ちょっと、その間にもう3回も国際電話をかけてきました。最初はもう、泣きながら。英語が通じないもどかしさと、家族と離れた寂しさからか、電話口で絶句することも。最近の電話では、やや落ち着いた感じではありますが、やはり、どうも愚痴っぽい。

英語が通じないもどかしさは、二通りあって、相手の話が早口すぎて聞き取れないこと、また、自分の意志を英語で伝えられないこと。そう思えばコミュニケーションを取るということは、非常に複雑な過程を経ているのだなと改めてわかります。

日本語だって日常的に使っているのですが、誤解されて伝わることもあるし、うまく言葉にならないことだってある。外国語ならなおさらです。難しくてわかりにくいことも多いでしょう。手加減ナシの母国語って、きっと聞き取れないことだらけなのでは。

大きな希望を胸に留学しても、志半ばで夢破れて外国から帰国される方々も多いと聞きます。こんなはずじゃなかった、もっと勉強しておけば、という気持ちは、実践で学ばないとわからない部分でもあるでしょう。

それでも、絶望して欲しくないと思います。日本を外から見ることができるのは、外の言語で日本のことを話したときなのです。客観的に日本語がわかるのは、英語と比べたとき。日本の中で、日本語だけで生活していれば、それは望むべくもない。私が英語を学校がひけてからも習いつづけているのは、日本を客観的に見る手段が欲しいから。日本に住みつづける私には、英語という手段を放棄すれば、ほかに客観的に見る手段を持たないのです。狭い狭い世界の中で。

リベラルな目をもつために英語、というのはいささか乱暴な気もしますが、学びつづけることで何かを感じ取って欲しい。留学中の娘には、がんばり通して欲しいと思います。ただ、「楽しいのは楽しいんやけど、寂しいのはどうしようもないねん」という言葉にちょっと心を痛めるバカ親でした。

NOVAうさぎのゲームde留学!?DS Video Games NOVAうさぎのゲームde留学!?DS

販売元:コナミデジタルエンタテインメント
発売日:2007/02/22
Amazon.co.jpで詳細を確認する

IELTS 学習法と解法テクニック Book IELTS 学習法と解法テクニック

著者:ビビアン コーエン
販売元:アルク
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ビジネス&留学で使えるMBAの英語表現400 Book ビジネス&留学で使えるMBAの英語表現400

著者:William J. Brougham,阪本 秀樹
販売元:アルク
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0)

2007年3月14日 (水)

林住期その後

3月9日付けの京都新聞「こまど」欄に載った投稿、ご覧になりましたでしょうか。大津市のバスの運転手さんからのお便りで、途中に刑務所がある路線に乗務されているようで、心打たれる文章でした。

大津で、刑務所で、となると、おのずと「石山団地口」を通る京阪バスなのだろうと想像がつきます。小さな風呂敷包みを抱えて、何度もお辞儀をされながら刑務所の前でバスを降りられた小柄なおばあさんに優しいまなざしを向けられながら、様々な思いをもたれたさまが、お便りから手に取るようにわかりました。もらい泣きをしてしまいましたよ、思わず。こんな文章を書きたいと、久々に思える投稿でした。

先日のこのブログで、「林住期」について書きましたが、とうに林住期に入っておられる方でも、誰かのために生きておられる方がいらっしゃるのですね。それはとても尊いことなのではないでしょうか。必要とされる誰かのために、静かに自分の役割を全うされている方、林住期を迎えて、自分だけのために生きるのもいいけれど、こうやってさらなるお役目を嫌がるでもなく淡々とこなされる方、それも私の理想です。

どんな人生だったかは、誰が決めるでもない、自分自身が感じることなのではないでしょうか。ご自身の家族、周囲の方々、すべてひっくるめて、その人となりや運命を作り出しているのなら、人生って素晴らしいですよね。ホントに。

支え合って生きる、それはすこしの勇気から―新聞掲載投稿集 Book 支え合って生きる、それはすこしの勇気から―新聞掲載投稿集

著者:百合沢 節子
販売元:文芸社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

希望―新聞投稿十七年の記録 Book 希望―新聞投稿十七年の記録

著者:土井 三智男
販売元:文芸社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (1)

2007年3月12日 (月)

林住期について

昨日のスタ☆メンで、五木寛之先生と阿川さんが対談されていましたね。そこで話されていた内容、とても勉強になりました。これから老いていく身としては、安心していいな、と思える、希望に満ちたお話でしたね。

先生がおっしゃっていた「林住期」というのは、実はインドのヒンズー教の教えだったのですね。桐島洋子さんとか、いろいろな方が本の題にされていたので、てっきりこの方たちの創作語なのかと思っていました。

ヒンズー教の人生観に「四住期」というのがあるそうです。皆さま、ご存知でしたか?人間は4つのライフステージを経て死んでいくのが理想的なのだとか。「学生期」「家長期」を経て、いまお話があった「林住期」になります。さらにこの後は、「遊行(ゆぎょう)期」あるいは「遁世期」しかありません。それも一部の、突き抜けられた方々だけ?隠居して四国遍路に旅立つといったことをしたりしないと、なかなかこのようなステージにはならないようです。人の道を伝え、生涯の結実を世に残す、大きな仕事をしないと。

そこで、この人生の後半戦、林住期をいかに生きるか。ただ、老いていくことを怖がるのではなく、これからは得たもの(お金ですな、要するに)を家族のために使うのではなく、社会に還元していくことが大切なのだとおっしゃっていました。自分のために生きる時期だから、旅に出て、自分がいままでやりたいと思ってもやれなかったことをやるのだから、そこにはやはり、いままでとは違った世界があるのです。同じ考えじゃだめなのだから、考えも変化しなくては。聖者になれとは思わないけれど、それに近くなるように努力をするとか。

そう思うと、私の寺院めぐりや四国お遍路さん興味編などは、林住期、さらには遊行期に向けての準備なのかなと。おこがましいですが、歳をとって枯れたから、ではなくて、自然の時間の流れの中で、やるべくしてやっているのかなと思います。そう思うと、本当に人生って無駄がないですね。死すらも、怖くなくなるかな?後悔はありそうですが。

「林住期」を生きる―仕事や家を離れて第三のライフステージへ Book 「林住期」を生きる―仕事や家を離れて第三のライフステージへ

著者:山折 哲雄
販売元:太郎次郎社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ヒンドゥー教の事典 Book ヒンドゥー教の事典

著者:橋本 泰元,山下 博司,宮本 久義
販売元:東京堂出版
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (476)

2007年3月 8日 (木)

ぞっとしたこと

息子が一週間のバリ旅行から帰ってきました。本当に無事でよかった。息子が乗ったのは国営ガルーダ航空のボーイング883便。数時間後に出発した事故機は737便。着陸直後に炎上したそうです。行き先も時間も違うとはいえ、同じ会社の航空機ですから、何があってもおかしくないと思います。運がよかったのでしょうか。

インドネシアでは、最近、機体の老朽化などで国内線の航空機事故が増えており、今年1月にはアダム・エアのボーイング737(また、同じ便番?)がスラウェシ島沖に墜落、全員が死亡した事故がおきたばかりです。さらにスマトラ沖では地震がおき、火山活動も活発化しています。救援活動に行かれるのにも、航空機を使うしかありません。

事故が怖くて海外へ行けるか、とおっしゃる方々もいらっしゃるでしょうか。でも、必然的におきてしまう人災に近いものもあります。乗るほうは、確認するすべはありません。信じて委ねるのみです。事故の後、ニュースで真実を知り、唖然としてももう遅いでしょう。

安全に旅行したい、国内でも海外でも思いは同じです。楽しいはずの旅行が大変なことにならないように、私たちはどうしたらいいのでしょうか。ただ祈るだけ?100%の安全なんてどこにもないからこそ、どうしたらいいのか迷います。「Good Luck」のような話は、きっとドラマだけですよね。

ジャンボ・ジェットを操縦する―B747‐400の離陸から着陸まで Book ジャンボ・ジェットを操縦する―B747‐400の離陸から着陸まで

著者:岡地 司朗
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

機長の一万日―コックピットの恐さと快感! Book 機長の一万日―コックピットの恐さと快感!

著者:田口 美貴夫
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (2)

2007年3月 6日 (火)

失くして気付く

歳をとるのは悲しいものです。若さなんてものは、あるときには気付かない。失くして初めて、自分はかつて若かったと気付くもの。子育ても同じです。子育てをしなくてはいけない時期には、自分は仕事がしたい、社会から切り離されたくない。でも、その嵐のような時期を通り過ぎて、もう二度と子供たちが自分の助けを求めなくなって、初めてあの時期はもう二度と来ないのだと気付きます。失わないと大切さがわからない。いつも皮肉と隣り合わせです。

自分が傲慢な親だったことに気付き、自分を責めてももう遅い。子どもは子どもでなくなり、もう親の助けは必要としなくなります。月9ドラマの東京タワー、主人公のリリーさんはいつも、後悔ばかりです。あのとき、こうしておけばよかった、オカンにもっとやさしくすればよかった、本を読みましたが、最後のあたりはオカンに対する後悔の言葉、それもとびっきりやさしい後悔の言葉ばかりでした。

子育ても、実は後悔の連続です。子どもが怪我をすれば、親は自分のせいではないかと思います。子どもが失敗すれば、身を削っても補填し、助けに走ります。でも、それも後になれば、楽しかったのだと気付いてしまう。同じ方向を向いていた仲間がいつの間にか離れてしまう、心も物理的にも。卒業の季節、それはきっと子供たちにもわかっているでしょう。人はいつまでもとどまってはいられない。家族も、親子も、周囲も、変化していくこと。そんな中、後悔のないように生きることは不可能です。こうやってずっと、後悔を繰り返しながら生きていくのでしょうね。もっと~したかった、って思いながら。

「旬教育」のススメ ママだからできる親と子の幸せ教育 Book 「旬教育」のススメ ママだからできる親と子の幸せ教育

著者:鷹姫
販売元:宝島社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

赤ちゃんとお手てで話そう  親子で楽しむベイビー・サイン Book 赤ちゃんとお手てで話そう 親子で楽しむベイビー・サイン

著者:吉中 みちる,吉中 まさくに
販売元:実業之日本社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (523)

2007年3月 4日 (日)

次の波がすでに

春の陽気に誘われて、つい寄ったショップで、スキニージーンズを買ってしまいました。まずは、私にも入るスキニーがあったことに感謝、そして「言うたら昔はやったスパッツのジーパン版やん」って思えた気軽さと。あの頃、スパッツ(今で言うレギンスでしょうか)をはけたんだから、今このスキニーをはけない理由はないかなと思って。娘のアドバイスどおり、ミニ丈のワンピ風のチュニックを一緒に買いました。お、これなら、でかいケツやっても隠れるやん、ってことで。

ところが、です。次のトレンドがすでに始まっているらしいのです。なんでも、「彼氏のジーパンをはいた女の子」らしくて、スキニーに見られたフィット感はどこへやら、今度はぶかっとした、ベルボトムというか、バギー風というか。あ、こっちの方がとっつきやすいかなと。早く今のスキニーがブームが去って、このぶか~り型(ボーイフレンドジーンズというそうな)が流行らないかな、なんて。

今は寒いので、フィット型のジーンズのほうがあったかくていいけど、あたたかくなったら、ルーズ型のジーンズでないと、風通し、悪いですよね。理屈からしても、春以降に流行し始めるのでは。それまではこのスキニーでがんばりますか。

実はその前のローライズジーンズも、悩んで悩んでつい1年前に買いました。流行の兆しが見え初めて、遅れること2~3年はかたいかな。かなり保守的な方なので、従来のパンツスタイルを頑固に守った上で、買ってみればあんなに悩んでいたのが嘘のようで。お出かけカジュアルスタイルの定番になったり。

今回のスキニーもきっと、定番化しそうです。上に着るものを変化させれば、意外におばさんでも恥ずかしくなさそうだし、と思っているのは本人だけ?もっとやせなきゃね。

デニム・バイブル Book デニム・バイブル

著者:グラハム マーシュ,ジューン マーシュ,ポール トリンカ
販売元:ブルースインターアクションズ
Amazon.co.jpで詳細を確認する

リメイクジーンズとTシャツ―手づくりをプラス Book リメイクジーンズとTシャツ―手づくりをプラス

著者:梅谷 育代
販売元:日本ヴォーグ社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0)

2007年3月 2日 (金)

お雛さまを見にいこう

女の子のお節句、雛祭りがもうすぐですね。今、京都市内には、かわいいお雛様の展示がたくさん企画されています。お家のお雛様もいいけれど、歴史あるお雛様もきっとすてきですよ。

●京都国立博物館では、「雛まつりとお人形」2月17日~4月8日
●京都文化博物館では、「吉川観方コレクションの人形と衣裳」1月27日~3月28日
●博物館さがの人形の家では、「京のかわいい雛人形たち」2月10日~4月8日
●思文閣美術館では、「愛でたきもの 雛とミニチュアのお道具展2」2月24日~4月3日

昔のお雛様は、今の技術では再現できないような凝った作りのものや、贅を尽くしたものとかがありますので、見るだけでも貴重なものばかり。せっかくの雛祭りですから、めずらしいお雛様を見て歩く、っていうのもいいかも。

別名人形の寺として有名な宝鏡寺門跡旧百々御所。通常の時期は一般公開していないのですが、春と秋、ちょうどこの時期に一般公開されます。天皇の皇女さまが開山されたというこのお寺、その後多くの皇女が歴代となり、百々御所(どどごしょ)という御所号も賜ったのだとか。毎年、秋には人形供養の法要が行われていますよ。島原太夫による舞や和楽器の演奏などでも有名かな。歴史ある女性のお寺さんなんですね。

■□平成19年春の人形展「人形展100回記念 源氏物語とひいな」■□

会 期   平成19年3月1日(木)~4月3日(火)
時 間   10:00~16:00(閉門)
拝観料   大人600円 小人300円

お節句折り紙―お雛様と兜を折る Book お節句折り紙―お雛様と兜を折る

著者:小林 一夫
販売元:日本ヴォーグ社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ディズニー 立雛 Toy ディズニー 立雛

販売元:吉徳
発売日:2005/02/09
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0)

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »