« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月

2008年9月30日 (火)

着物あとさき

今、着物に関する本を読んでいます。新潮社から2006年5月20日に出た、「着物あとさき」という題の本です。著者は、幸田露伴を祖父に持ち、幸田文を母に持つ青木玉というエッセイストの方。お嬢さんの青木奈緒さんもエッセイストだそうです。文筆家一家ですね~。

本全体にあふれているのは、昔の着物暮らしの生活の折々。なんと、自分で洗い張りしたお話まで出てきます。伸子を使って、張り出していくあの作業、素人にもできるんですね。正絹のものをあんなふうに自分で洗って整理して、なんて、できるものなんだ。てっきりプロの方しかやれないものだと思っていました。今の方が洗濯機で服を洗って干すように、昔は普段着はもちろん、おしゃれ着まで、こうやって解いて洗ったんですね。

ということは、昔はもっと和裁の技術が一般的で、誰でもできるものだったということになりますね。うっすらは知っていましたが、誰でもあの袷の釣り合いを、ごたごたを、すっとクリアしていたんだぁ。ちょっとショック。圧倒的に、扱っている着物の量が違うのでしょうから、比べくべくもないのでしょうけど。

特に使い古した胴裏が、柔らかくて伸びきっていて洗い張りが難しいと書かれていましたから、昔の方はけっこう、何度も洗い張りをしたんですね。大切に大切に着物を扱っている様子がわかります。誰かに譲るという動作が、いとも簡単に行われていることを考えると、常に表地と裏地を分けて、着ないものはすぐよそに回っていくシステムが出来上がっているのでしょうね。

思い出があふれた着物は、染め直したり手を加えたりして、変化させていく様子が、ことこまかに書かれていたのが興味深かったです。その工程の大半が、ここ京都で行われているのも、頼もしい感じ。見ようと思えば見られるチャンスが身近にあるんですね。なんとも幸せな話です。

ネットの書評では、「幸田文の箪笥の引き出し」という本も、評判がいいようです。文庫本ですが写真もふんだんにあるという、いい感じの本らしい。そういえば、この「着物あとさき」も、野中昭夫氏という方が、美しくもわかりやすいキレイな写真をたくさん載せておられました。文章だけでなく、ビジュアルにも訴えかけられて、わかりやすいですね。

幸田文の箪笥の引き出し (新潮文庫) Book 幸田文の箪笥の引き出し (新潮文庫)

著者:青木 玉
販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

作家の猫 (コロナ・ブックス) Book 作家の猫 (コロナ・ブックス)

著者:夏目 房之介,青木 玉,常盤 新平 ほか
販売元:平凡社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

着物あとさき Book 着物あとさき

著者:青木 玉
販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0)

2008年9月28日 (日)

伝えていきたいいにしえ

源氏物語千年紀にちなんで、古都京都が源氏物語ゆかりの品だらけになっています。博物館、美術館で源氏物語に関する展示があり、今年の西陣夢まつりのテーマも源氏物語。和装メーカーでは、源氏にちなんだ商品を多々売り出し、京都だけでなく、滋賀や宇治などにもそれらのキャンペーンの輪は波及しています。

御所の西から南にかけて、地下鉄烏丸線今出川から丸太町に向かう道すがら、控えめですが背の高い花が展示されています。よく見ると、「フジバカマの原種」とかかれていました。源氏物語に登場する花で、絶滅危惧種になっていると、KBS京都でいっていました。保存のためのキャンペーンがはられているようです。

そして、もう一つ脚光を浴びているのが、古典文様の一つで、吉祥文としてもともと人気の高い「青海波」。もともとは雅楽の曲ですが、管楽や舞楽にも「青海波」という名の曲があり、源氏物語の中でも、光源氏が頭中将と藤壷の御前で舞ったとされています。

青海波は、波をかたどった半円形の文様が、いくつもいくつも重なって、一見魚のうろこのようにも見えます。(実際には鱗文というのは別にあって、三角を連ねて出来た文様のことです。ここでは、こいのぼりのおなかの部分を想像していただくといいかも)今年はこの文様が脚光を浴びるのではないかと専門家の方がおっしゃっていました。

着物の文様は本当に様々あって、それぞれに意味のあるもので、さらに用いる場所や身につける方を選ぶものでした。文様だって今でこそ、だれでも使えるものですが、江戸小紋などは特に、身につけていいかどうか迷うような格の高さを誇った時代もあったようです。昔は禁色といって、天皇ご一家とか一部の方しか身につけることが許されない色もあったようですが、時代は流れて、そのようなことをあまりご存知の方もいらっしゃらなくなりました。

昔からのことにはしきたりがいろいろあるものですが、理解して伝えていけたらいいなと思いました。伝えなければ、なくなってしまうものですからね、このようなことは。

源氏物語の雅楽 Music 源氏物語の雅楽

アーティスト:長谷川景光,幸田弘子
販売元:フォンテック
発売日:2006/02/21
Amazon.co.jpで詳細を確認する

千年の恋 ひかる源氏物語 DVD 千年の恋 ひかる源氏物語

販売元:東映ビデオ
発売日:2002/09/21
Amazon.co.jpで詳細を確認する

みんなで読書DS 源氏物語+ちょっとだけ文学 Video Games みんなで読書DS 源氏物語+ちょっとだけ文学

販売元:ドラス
発売日:2008/06/19
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0)

2008年9月24日 (水)

ま・つ・た・けのお話♪

今年は早くも丹波産の松茸がお目見えしたそうですね。近年は国産だけでなく、中国産、韓国産、カナダ産の松茸も出回っているそうです。香りを楽しむ食品なのに、遠距離を輸送して大丈夫なのかな。

この出初めの輸入物の松茸は、シーズン最盛期より安いこともあります。外国産などは思い切ってすき焼きにしてみると、意外とおいしかったりもしますね。この暑い季節にすき焼き?なんて感じですが、目先が変わって意外とおいしいかも。国産のお高い松茸では、なかなかそんな冒険はできませんけど。

松茸は、温帯地方の、主に赤松の根元につきます。平年の松茸の旬は9月から11月。天然国産ものはまだまだ走りのようです。松茸は人工栽培が今のところ出来ないので、最近は国内の需要を外国産でまかない、比較的安価なものも出まわっています。

選び方は、かさがあまり開いていず、軸に弾力のあるものを選ぶといいそうですが、ほとんどの商品はパック詰めになってしまっている現在では、かさの部分で判断するしかないようですね。栄養学的には、糖質とビタミンB2が多いそうですが、理屈ぬきに食欲をそ
そるのは、何と言ってもあの香りです。あと歯ざわりもこたえられません。

でも、秋の味覚として日本人には好まれているこの松茸の香り、外国の方には嫌がられることもあるのだそうですね。意外や意外。私たちがドリアンを苦手としているように、でしょうか。

姫マツタケ エキス顆粒 Health and Beauty 姫マツタケ エキス顆粒

発売日:2003/01/20
Amazon.co.jpで詳細を確認する

素材辞典 Vol.114 食・季節の料理編 Software 素材辞典 Vol.114 食・季節の料理編

販売元:データクラフト
発売日:2002/09/10
Amazon.co.jpで詳細を確認する

マツタケ―果樹園感覚で殖やす育てる (新特産シリーズ) Book マツタケ―果樹園感覚で殖やす育てる (新特産シリーズ)

著者:伊藤 武,岩瀬 剛二
販売元:農山漁村文化協会
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0)

2008年9月23日 (火)

向かいあう機会

テレビを見ていたら、偶然、大好きなアーティストが出ていました。本当にテレビで歌う機会が極端に少ない人だったので、本当にビックリ。単なるラッキーでは済まされないくらい感激しました。

そのアーティストは甲斐よしひろ氏。甲斐バンド時代からの、長い長いファンです。もう30年になると思います。ほとんどの曲は知っていますし、持っていますし、歌えると思います。番組は、さんまさんが司会の、思い出の歌を紹介する、という趣旨。さんまさんの大好きな歌が、甲斐バンドの「最後の夜汽車」だったため、甲斐さんの登場、生歌披露となったわけです。

テレビから甲斐さんの曲が流れてきたとき、一番初めに反応したのは息子と娘たち。お母さんがいつもいつもかけていた曲だよね、車でも、おうちでもよく聞いたよね、といいました。お、覚えていてくれたんだ。ちょっとびっくり。甲斐バンドの歌は、なぜか汽車系の歌が多く、思いつくだけでも、「最後の夜汽車」だけでなく、「汽笛の響き」「暁の終列車」などなどがあります。どれも胸がきゅんとくる思い出ばかりです。

世の中の出来事には偶然は一つもなく、全て必然だといいます。私がこの時間にこの歌にまた出会えたのは、何かに決着をつけるためでしょうか。何かをまた、探し始めるためでしょうか。その意味を考えながら、またCDを引っ張り出して聞いています。

Dirty Works(仮題)~TRACE THE HISTORY OF KAI BAND~ DVD Dirty Works(仮題)~TRACE THE HISTORY OF KAI BAND~

販売元:EMI MUSIC JAPAN
発売日:2008/09/26
Amazon.co.jpで詳細を確認する

Perfect Clips(仮題) DVD Perfect Clips(仮題)

販売元:EMI MUSIC JAPAN
発売日:2008/09/26
Amazon.co.jpで詳細を確認する

甲斐バンド・ストーリーII Music 甲斐バンド・ストーリーII

アーティスト:甲斐バンド
販売元:EMI MUSIC JAPAN(TO)(M)
発売日:2007/12/12
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ギター弾き語り 甲斐バンド Songbook[改訂版] (ギター弾き語り) Book ギター弾き語り 甲斐バンド Songbook[改訂版] (ギター弾き語り)

販売元:シンコーミュージック
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0)

2008年9月18日 (木)

着物の季節感

季節のハザマに着物を着る機会があると、いつもいつも悩みます。いくら季節の先取りがおしゃれといっても、まだまだ9月なのにもう単衣、しかも重ね着。補正をして、襦袢を着て着物でしょ。たとえ薄い着物だって何枚も重ねたら暑いに決まってます。

といっても、洋服で半袖、7分袖くらいでちょうどいい気候になると、いつまでも暑いからって透け感がウリの薄物着物を着ているわけにもいかず。実は明日、着物で出る用事があるのです。散々悩んだ末、単衣のお召しに、秋色の名古屋帯、でも見えづらい襦袢は絽で、半衿はビーズ、とちょっぴり凝ってみました。

おまけに明日は京都は、台風の影響で雨。この上から雨コートを着ないといけません。おお、どうなることか。ただでさえ暑いのに、さらに雨を通さない朱子織ですから、暑いでしょうねえ。しかも、明日は着物を生業とされる西陣の集まりの受付です。季節感をはずしたらダメだろうなあ。

一応明日のコーディネートを撮っておきました。後はお天気や様子を見ながら調節して出かけます。どうなることやら。

Kimono01

| | コメント (0)

2008年9月16日 (火)

金融急落

一番売れてる株の雑誌ZAiが作った「株」ゲーム Toy 一番売れてる株の雑誌ZAiが作った「株」ゲーム

販売元:アイデス
発売日:2007/11/10
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ズバリ株式投資2 (説明扉付スリムパッケージ版) Software ズバリ株式投資2 (説明扉付スリムパッケージ版)

販売元:ソースネクスト
発売日:2007/12/07
Amazon.co.jpで詳細を確認する

サブプライム後の新資産運用―10年後に幸せになる新金融リテラシーの実践 Book サブプライム後の新資産運用―10年後に幸せになる新金融リテラシーの実践

著者:中原 圭介
販売元:フォレスト出版
Amazon.co.jpで詳細を確認する

リーマン・ブラザーズの経営破綻のニュースが駆け巡ったのは昨日、やっと今日開いた東京市場は、やはり安値での取引となりました。東証1部に上場する銘柄の9割強が値を下げる全面安の展開だったそうです。こんなときに、資金さえあれば、欲しかった株が下がってたら買えるのに…。チャンスはピンチの顔をしてやってくるのだそうですから、ね

それにしても、リーマン・ブラザーズの日本法人は、会社に出てみたら会社がなくなっていた、といううそみたいな本当の話が現実になってしまいましたね。今年3月に同じような感じだったベアスターンズが助かって、なぜリーマン・ブラザーズが見捨てられたのかは、時の運とか、タイミングの相違とか、ニュースではいろいろ解説されていました。大統領選挙にも絡んでくると、本当に複雑。でもそんなことを抜きにしても、従業員の方々は納得できないでしょう。何で自分たちだけ、と思うでしょうね。

こんなときに、ダンボールを抱えて会社を後にする方に向けて、ヘッドハンティングの方が名刺を配っていました。アメリカはすごいですね。強くてしっかりした基盤が崩れても、たくましい。スキルがあればあせることはないさ、という感じに見えます。日本ならこうはいかないでしょう。

これから、日本市場にどのくらい影響が及んでくるのか想像もつかないですが、あまりあわてずにじっくり見てみたいと思います。ホリエモン騒動からずっと続いた株バブル、実はもっと早くに終わっていたような気がしてなりません。

| | コメント (0)

2008年9月15日 (月)

ある敬老の日のこと

お天気ニュースで「午後からは雨になります」という予報がぴったりあたって、正午を過ぎたあたりからぽつぽつ雨になりました。用事があって自宅近くの三条通を通りかかると、リヤカーを引いたご高齢のご婦人が、移動販売の帰り道でしょうか、たまたま通りかかるのに出会いました。

京都で移動販売は私は今まで見たことがありません。北の方とか、旧市内の街中のいいとこの奥様方が、季節の新鮮な作物をお取り寄せされている様子は聞いたことはあっても、実際にお届けされているのは見たことがありませんでした。田舎の方へ行くと、移動販売がまだ残っているところもあるようですが、京都の市内ではちょっと見かけません。

降り始めた雨を避けるように、帽子をかぶってリヤカーにほろをかけて、足早に車を引いて西へ向かわれていました。

食の安全がいまもニュースをにぎわす昨今、このような移動販売なら、絶対に安全な気がします。その日に取れてその日に仕入れた新鮮な食物を、車にいっぱい引いて届けてくださる。私のような若輩者だって暑かったり寒かったりするだけで、仕事がきついと感じてしまいます。夏も冬もこうして外で、リヤカーを引いて、ご高齢の方が頑張っておられるのには、本当に頭が下がります。大人がこんな風に頑張っているうちは、まだまだ日本の食は大丈夫、そう思いました。

かたわらに、髪をつんつんに立てた、いまどきの若者が、スーツを着てスーパーマーケットで出来合いのお弁当を買って、降り始めた雨の中、傘もささずに会社に戻っていきました。大人がこんなに自分の仕事を頑張っているんだもん、若者も頑張れ!敬老の日に仕事をしている移動販売の方、スーツの若者、休みで図書館に寄っている自分、なんか、言葉にならない縮図を見た気がしました。

花屋一代 リヤカー一台から 年商50億円 駆け上がった根性の経営者 Book 花屋一代 リヤカー一台から 年商50億円 駆け上がった根性の経営者

著者:山田 祐也
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

リヤカーマン 徒歩で地球一周4万キロ  /永瀬忠志/著 [本] リヤカーマン 徒歩で地球一周4万キロ /永瀬忠志/著 [本]
販売元:セブンアンドワイ ヤフー店
セブンアンドワイ ヤフー店で詳細を確認する
学校用 リヤカーマンDVD てくてく冒険家永瀬忠志アフリカを行く 学校用 リヤカーマンDVD てくてく冒険家永瀬忠志アフリカを行く
販売元:ショッピングフィード
ショッピングフィードで詳細を確認する

| | コメント (0)

2008年9月12日 (金)

張り紙のコミュニケーション

いつも通る道に、ラーメン屋さんがあります。ある日閉まってるな、と思ったら張り紙がしてあって、足を骨折してしまったので、当面閉店します、旨の張り紙がしてありました。

それから2ヶ月、昨日通ったら、「おかげさまで歩けるようになりました。25日から再開します」という張り紙に変わっていました。その横には、お客様が書かれたのでしょうか、ボールペンで、「待ってました 嬉しい!」と書かれていました。

お気に入りのお店が休んでいたら、がっかりします。そのラーメン店も、きっと見かけは古びていますが、お客様の多いところなのではなかったでしょうか。骨折の文字に、心配された常連さんもいらしたでしょう。再開との張り紙、さぞかし嬉しかったことと思います。

人の情が薄くなったといわれて久しいですが、見ず知らずの方々の張り紙でのやり取りですが、普段のお客様とのコミュニケーションがしのばれて、おもわず微笑んでしまうような光景でした。きっと店主さんも、この張り紙の返信を見たら、喜ばれるでしょうね。烏丸今出川、同志社大学の近くでの出来事です。私も食べに行ってみようかな、と思えるような出来事でした。

博多ラーメン なんでんかんでんの作り方
配信元:電子書店パピレス
提供:@niftyコンテンツ
プロジェクトX 挑戦者たち 起死回生の突破口 魔法のラーメン
配信元:電子書店パピレス
提供:@niftyコンテンツ
夜中にラーメンを食べても太らない技術 (扶桑社新書 25) Book 夜中にラーメンを食べても太らない技術 (扶桑社新書 25)

著者:伊達 友美
販売元:扶桑社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0)

2008年9月10日 (水)

お裁縫復活

昔の女学校には、お裁縫の授業があって、みな自分で着物を縫っていたそうです。学校の授業だけでは満足できなくて、街の和裁教室に自主的に通って、お裁縫の腕を磨いていたそうです。

今、そんなことを復活させようとしたら、それこそモンスターペアレントではないけれど、ただでさえ授業時間が足りないのに、もっと勉強に時間を割いてくれと苦情がくるでしょうね。でも、敢えて言いたいです。お裁縫って、人生の大切なことをたくさん教えてくれる、大切な技術だと思います。学校で復活できなければ、家庭でぜひ、親が針を持っているところを子どもに見せてほしい。得手不得手がありますが、できるだけそうあって欲しいと思います。

着物を縫うときは、縫い目を隠すようにきせをかけます。これが適度な遊びとなり、めいっぱい引っ張っても、布が千切れることはありません。また、布や糸を大切に扱い、繰り回しますから、リサイクルや資源の節約にもなります。

さらにすごいのは、しつけです。きつすぎず、ゆるすぎず、夜なべして縫われた着物は、しつけをかけられて寝押しされ、朝には新品のように、まるでアイロンをかけたように仕上がって、家族を愛情で包みます。

これって人生で必要なこと、大事なことがすべて詰まっているのではないでしょうか。按配とか手加減とか、人生の機微を教えてくれているような気がします。また、絹のものを触っていると、マイナスイオンやいいオーラに包まれて、本当に幸せな気分になります。
できればこんなすばらしい技術を、後世に残したい。そんな夢のようなことをいつも考えています。

| | コメント (0)

2008年9月 7日 (日)

心も添えて

毎年この時期になると、ポストに年賀状の予約を受け付けるはがきが届いています。ここのところ数年、200枚くらい買うのですが、全部出し切れなくて残しては、5円払って通常の切手やはがきに代えてもらう状態が続いています。なので今年は、思い切って枚数を減らそうと思っています。

いつの頃からか、年賀状で年の初めのご挨拶をしなくなりました。お付き合いの幅はそう変わらないですが、家族の出す量が激変したのです。子どもたちは皆、メールですし。新年にわくわくしながらポストをのぞきにいったものですが、今はそれも昔。

仕事に関しても親戚づきあいに関しても、毎年出す人はともかく、関係が希薄になってきた気がします。郵便局の方も、これでは大変でしょうねえ。力を入れてテレビCMをする理由がわかる気がします。もはや、ノスタルジーに訴えるしかないのかな。

無駄を排除して、必要なところにはたっぷりお金をかける、そんな合理的なスタイルがいいことはわかっています。いえいえ、何も年賀状だけに限らないのです。相手に何かを伝えるときに、手紙を出すことや、文字を書くことが減りました。メールの方が確実ですし、早いし負担にもなりません。ペーパーレスですから、資源も節約できます。

ただ、何かを伝えるときに、簡潔に確実に届ける以外に、もっと遊びの部分が欲しいなと思います。私がへたくそのくせに絵手紙を習うのをやめないのは、贈り物をするときに、さらさらっと一言、添えたいからです。ヘタでもいい、文字と、ちょっとした季節の絵、それがベストだとは思いませんが、ただモノだけをやりとりするのにはない、心が伝わる気がします。自己満足なんですけれどね。

RABBY ゴムハン彫刻刀 5本組 Kitchen RABBY ゴムハン彫刻刀 5本組

販売元:道刃物工業
Amazon.co.jpで詳細を確認する

KOKUYO はがき整理ソフトウェア<はがき さくっとファイリング> NS-HS1-1 CE KOKUYO はがき整理ソフトウェア<はがき さくっとファイリング> NS-HS1-1

販売元:コクヨ
発売日:2007/11/11
Amazon.co.jpで詳細を確認する

楽々はがき2008 なっとく年賀状 Software 楽々はがき2008 なっとく年賀状

販売元:ジャストシステム
発売日:2007/10/05
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0)

2008年9月 5日 (金)

かわいそう

歳をとったせいか、「かわいそう」という感情がよく噴出します。若かった頃は、うんと傲慢で、無神経で、自分でなんでもできると思っていたから、また、他人も自分と同じと思っていたから、かわいそうなんて感情は、よっぽどのことがない限りでてきませんでした。たとえ出たとしても、かなり上から目線。今となってはなんて傲慢だったんでしょう。

歳をとると、したり顔で説教することが増えるし、不自由なことが多くなる分、自分の目線で考えますので、人も不自由なんじゃないかと思います。自分が悲しむ分、人も悲しむんじゃないかと思います。自分が不幸だと、きっと人にも言えないことがあるんじゃないかと。痛みに関する想像力がたくましくなるようです。

なので、誰かに何かをしてもらうと、嬉しい、申し訳ない。してもらって報われなかったら、かわいそう。なんて後ろ向きの感情が多くなったのかと思います。相手に寄り添える、そんな機会が増えた気がします。自分が経験した感情には、同情できますから。

そうやって人は歳を取りながら、かわいく、無害になっていくのでしょうか。いくつになっても、負の感情、怒りとか不平不満とか、そんな感情ばかりになっていく人がいますが、それはやっぱり悲しい。意地をはるのが普通になると、それに慣れてしまって、だんだん鈍感になっていきます。顔には深いしわがきざまれ、笑うことができなくなります。

かわいそうという感情をいだくことは、涙が増えますから苦しいことなんですが、なくしたくないと思います。嬉しいことを数えてばかりなんてできないけれど、心の平和は強さと優しさで支えたいと思います。そして、かっこよく歳をとりたいですね。

歳をとるほど脳力アップ! 「ダッシュ脳」で頭が10倍冴える! Book 歳をとるほど脳力アップ! 「ダッシュ脳」で頭が10倍冴える!

著者:森田 勝之
販売元:マガジンハウス
Amazon.co.jpで詳細を確認する

年をとるのが愉しくなる本 (ベスト新書) Book 年をとるのが愉しくなる本 (ベスト新書)

著者:森 毅
販売元:ベストセラーズ
Amazon.co.jpで詳細を確認する

歳をとることが本当にわかる50の話―老後の心理学 Book 歳をとることが本当にわかる50の話―老後の心理学

著者:井上 勝也
販売元:中央法規出版
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0)

2008年9月 3日 (水)

着物新作キタ━━━━━━━

今年のブランド着物の新作は、華やかできれいめ、ぱきっとした潔さがあります。毎年、新作の柄が出るのですが、これが仕事をしていて、一番の楽しみ。浴衣にしろ着物にしろ、毎年欲しいな、と思う反物がいくつかあります。

洋服のアパレルが作るブランド着物なので、デザインも今風のモダン柄。トランプの柄やレースのシルエット、天使のモチーフやハートなどなど、普通はちょっとありえないような柄もあります。もちろん、古典柄を復刻したものもあります。

モダンな柄はモダンな柄のよさ、古典柄は古典柄のよさがあります。どれも捨てがたいし、今まで持っている帯や小物が不思議と似合います。やっぱり着物は着物ですよねえ。新作の着尺反物を見ていると、やっぱり着物っていいなあと思います。新しい着物を生み出すだけでなく、古い着物を繰り回したり形を変えていこうと思っているものにとっては、悩ましいですけれど。だって、新しい反物、また欲しくなって買っちゃうじゃないですか。

美しいキモノ 2008年 09月号 [雑誌] Book 美しいキモノ 2008年 09月号 [雑誌]

著者:編集長 棚町敦子
販売元:アシェット婦人画報社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

きものの たのしみ 改訂版 (きもの文化検定公式教本II) きもの文化検定3級・2級試験公式教本 (きもの文化検定公式教本 2) Book きものの たのしみ 改訂版 (きもの文化検定公式教本II) きもの文化検定3級・2級試験公式教本 (きもの文化検定公式教本 2)

著者:(社)全日本きもの振興会
販売元:世界文化社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

和楽 2008 9月号 Book 和楽 2008 9月号

販売元:小学館
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0)

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »