« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月

2008年12月27日 (土)

来年の目標

この2日間、時間を見つけて、できるところの大掃除を少しずつ始めました。いよいよ年の瀬、普段は目をつぶるところでも、比較的時間があるので、ちゃんと掃除をしようと思って取り組んでいます。ありがたいことに、1日、早くお休みに入らせていただいたので、その恩恵を十分に享受させていただいています。おかげで、新年の準備が余裕をもってできます。

新しい年を迎えるって、やはり特別な思いがしますね。掃除してきれいになると嬉しいものですから、普段から少しずつしていけばいいのに、と直後はいつも思います。娘にも同じ事を言われますが、また自然と汚れていくのに任せるままになってしまいます。

来年は、「言霊」を大切にする年にしたいと思います。言霊が持つ力を信じたいと思います。ライターとして、もっと早くそのことに気付くべきでしたけれど。言葉の持つ不思議な力を、来年は丁寧に育てていきたいと思います。

どうしても会いたい人がいるので、その人に会いたいと、声に出して言うことにします。いつも行くエステの先生に、「そこからもう、始まっているんですよ」と励ましていただいたので、きっと願いはかなうのではないかと思います。

いろいろな変化が多くあった一年でしたが、その一つ一つを謙虚に受け止め、これからも元気にいきたいと思います。来年もいろいろあるのでしょうけれど、私らしく、そして出来るだけかっこよく、生きていきたいと思います。この「かっこいい」って言うことが大切なんですよね。時には無理をしてもいい。時には格好をつけてもいい。笑いが引きつって泣き笑いになってもいい。いつも「かっこいいよね」って思われたいと思います。努力していくって言うことは、チカラですよね。

ESSE (エッセ) 2009年 01月号 [雑誌] Book ESSE (エッセ) 2009年 01月号 [雑誌]

販売元:扶桑社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

家庭画報 2009年 01月号 [雑誌] Book 家庭画報 2009年 01月号 [雑誌]

販売元:世界文化社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

創造素材バリューパック クリスマス & 新年 Software 創造素材バリューパック クリスマス & 新年

販売元:イメージランド
発売日:1999/10/08
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0)

2008年12月22日 (月)

ずっとあなたが好きだった

軽い気持ちで、初めて申し込んだコンサートのチケットを、第一希望は外れて第二希望で手に入れて、昨日の夜、行ってきました。

30年前、あるきっかけで好きになって以来ずっと、そのアーティストが大好きでした。彼のコンサートに行くのは、30年もファンやっているのにまったく初めてで、もともとチケットは入手しにくいのはわかっていましたから、これはきっと30年もファンだったことへのごほうびだと解釈して、コレは何があっても行こうと思っていました。

もちろん、行ったからといって何かが変わることを期待したわけではありません。誰かに会うかな、ともチラッとは思いましたが、これもご縁がつないでくださったもの、会わなくてはいけない人には必ずいつかは出会うでしょうから、行くことに意義があるんじゃないかなと思って、自然に任せて参加しました。人ごみの中に、懐かしい顔を探したのは事実ですが、それにこだわったわけではありませんでした。

そして、30年前の自分に向き合うことができました。あの頃、何を考えてこの歌を聞いていたのか、鮮やかに思い出しました。なくしたものを取り戻すには、歌は最高のツールです。あの頃と少しも変わりない、アーティストとしての彼と、当時の彼にとてもあこがれた自分が、日常の中に埋没していた思いとともに、よみがえりました。

人を必死で愛していた、苦しい恋をしていた、今となっては完全な過去の自分を、彼の歌が引き戻してくれました。過去が美しいとは思いません。あの頃に戻りたいとは思いません。でも、思い出しました。私の止まっていた時計、封印したい過去。決してかっこいいものではありませんが、今の自分って調子乗ってるよね、あの頃のひたむきさに比べて、という反省は出来ました。

これからは、ファンクラブに入って(30年たってやっと!です。なぜかしら)、もっと前のいい席をゲットして、コンサートで一緒にみんなと盛り上がりたいと思います。タレントのおっかけをするおばちゃんの仲間入りです。ただ、対象も周囲も全て、同年代ですけどね。

DIRTY WORK [DVD] DVD DIRTY WORK [DVD]

販売元:EMI MUSIC JAPAN
発売日:2008/09/26
Amazon.co.jpで詳細を確認する

PV BEST 〜無法者の愛〜 [DVD] DVD PV BEST 〜無法者の愛〜 [DVD]

販売元:EMI MUSIC JAPAN
発売日:2008/09/26
Amazon.co.jpで詳細を確認する

シングルズ Music シングルズ

アーティスト:甲斐バンド
販売元:EMIミュージック・ジャパン
発売日:2000/06/07
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0)

2008年12月19日 (金)

最期の日は家族で

「風のガーデン」最終回をみて、本当に切なくなりました。家族で愛する人の死を看取る、という究極の経験を、かなり想像の上でですが体験したような気分です。逆に、どんなに愛した人でも、家族でなければそばにはいられないんだな、いてはいけないんだなということを想いました。

夫婦といえども、生まれ育って結婚するまでは別々です。そこから、子どもができて、新しい家族ができます。あるいは、すでに家族として成り立っているところに、いわゆる「お嫁に入る」こともあるでしょう。人が生まれ、そして死んでいく。自分以外の人が自分の目の前で移ろっていく姿は、自ら手を下せないだけに、はがゆく思い通りにならないものです。

この不確実の時代、家族を持つこと、子どもを持つことのおろかさを嘆く声も聞こえます。しかし、家族でなければ、誰が生きている証を残せるでしょうか。誰が自分の遺された思いを伝えてくれるでしょうか。共に生きるために、家族は集うのだという、ごくごく当たり前の事実を、家族に囲まれている今、気づかずにいたことに気づきました。

私も、死に行くことが決まったら、花を植えようと思います。そうすれば、季節が廻るたびにきっと思い出してもらえるから。私の家のプランターには、毎年小さなピンクの花をつけるミニバラがあります。このミニバラは、今から10年以上前、住んでいたマンションの管理人さんがくださったもの。管理人さんは、その後、がんで他界されました。そのバラは、管理人さんが亡くなっても、毎年同じ時期にきちんと小さな花を、少ない数ですが咲かせています。そして、私たちに、彼が生きていたときのことを思い出させてくれます。私も、そんな思い出の遺し方をしたいなと思いました。

「風のガーデン」、DVDも出るそうです。見逃した方は、ぜひ。

ノクターン/カンパニュラの恋 Music ノクターン/カンパニュラの恋

アーティスト:平原綾香
販売元:DREAMUSIC( C)(M)
発売日:2008/11/12
Amazon.co.jpで詳細を確認する

フジテレビ系ドラマ オリジナル・サウンドトラック 風のガーデン Music フジテレビ系ドラマ オリジナル・サウンドトラック 風のガーデン

アーティスト:TVサントラ
販売元:ポニーキャニオン
発売日:2008/11/19
Amazon.co.jpで詳細を確認する

風のガーデンに咲く花々~富良野から~ (Blu-ray Disc) DVD 風のガーデンに咲く花々~富良野から~ (Blu-ray Disc)

販売元:ポニーキャニオン
発売日:2008/11/28
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0)

2008年12月16日 (火)

癒されたいよ

めぐりズムという商品名で出ている、蒸気でほっとリラックスできる商品をご存知でしょうか。肩や体に貼るタイプや、目に置くタイプがあって、それぞれとっても気持ちよさそうです。最近では、コマーシャルでもやっているので、だんだん認知されてきましたね。
実は、私はこの商品を知らなくて、会社の方から情報を聞いて「うわっ、やってみたい」と思いました。そう、実はまだ試していないのです。オフィスワークでパソコンを使っていると、肩は凝るし視力が下がってきます。どうにかしなきゃ、と思っていた矢先でしたから、早速買って試してみたいと思います。

ただじんわり暖めるだけなら、貼るタイプのホッカイロを使えばいいのですが、この「蒸気の温熱シート」「蒸気でホットアイマスク」は、コリや疲れの緩和などを目的とした温熱効果を持つ一般医療用機器として作られているらしい。血行をよくしたり、筋肉のこり・疲れを取り、疲労回復・食欲増進の効果があるそうです。アイマスクにいたっては、蒸気浴というべき効果があるらしい。潤いが持続する蒸気の効果、というところもいい感じ。

本当に自分なりに、仕事もお稽古もプライベートもがんばっていると思っていますから、常に癒し不足、睡眠不足になっています。時間が少しでも空いたら、何かを差し込んでしまいますから、休みになったら掃除をしよう、とか、年賀状を書こう、とか、なかなか実行できません。いつもいつもタイムリミット近くになって、あわててしまうパターンです。時間がほしい、いつもいつもそう思うばかりで、永遠に時間なんて作れそうもありません。

英語を習っていて、よく会話の中で聞かれるのが、どんな映画を観ましたか?と、これからの予定は?です。私の答えはいつも同じ。時間がありません、と、これから仕事して、家の用事をします、です。(もちろん、英語で答えるんですが)本当に、仕事がらみだったり、前もって努力して時間を作らない限り、ふらっと遊びに行ったり、時間があるから何をしよう、と迷うことはありません。いつもいつも予定調和の世界で、今日はここまでできた、ここまで余計に進んだ、という喜びだけです。

忙しがりなのは性分なので、せめて癒されたいよ。ゆっくり流れる時間を楽しむ余裕がほしいです、ほんとに。

ペリーネアミック サーモウォーター 155ml Health and Beauty ペリーネアミック サーモウォーター 155ml

発売日:2006/02/06
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 我が家のゲルマ温浴 我が家のゲルマ温浴
販売元:ベルーナネット(RyuRyu)
ベルーナネット(RyuRyu)で詳細を確認する
 ゲルマあったか岩盤浴 ゲルマあったか岩盤浴
販売元:ニッセン
ニッセンで詳細を確認する

| | コメント (0)

2008年12月14日 (日)

耳鼻科はキライ

小さい頃から、風邪を引くと耳に来るようで、先日来、耳がオカシイのです。とうとうお医者さんがお休みになる土曜日から、中耳炎の症状が出てきました。耳がこもって閉塞感があり、聞こえづらくなっちゃって。自分の声が自分にとても響いて、なんだかへんな感じです。

思えば、私の体質を受け継いだのでしょうか、3人の子どもたちも全員、中耳炎をやりました。風邪を引くと鼻水をたらすのと同じように、耳がじくじくしてくるのです。子どもたちの場合は、原因不明の熱も出たりして、深刻。今は大きくなりましたので、熱を出すことも、兄弟を連れて耳鼻科に通うこともなくなりましたが、小さかった頃は大変でした。

子どもの耳鼻科通いは、何がいやって待たされること。子どもは体調が悪いせいか、我慢しませんしぐずりっぱなし。おまけに、痛くされますのでお医者さん不信気味。中耳炎が進んで切開なんかされた日には悲惨です。他の兄弟まで連れて行くと、さらに手間がかかります。

いまだに子どもたちは、中耳炎やると、耳抜きさせられるよね、あれ、痛いよね、といいます。子供心にやはりトラウマみたいに残っているのでしょうか。かわいそうなことをしました。

言い訳するわけではないのですが、やはりこの歳で耳鼻科通いは恥ずかしい。そして怖い。でも、行かないと行けないのですよね。やだやだ。

ドクターズ・アイ 医者がすすめる専門医 VOL.52―中耳炎 Book ドクターズ・アイ 医者がすすめる専門医 VOL.52―中耳炎

販売元:医学映像教育センター
発売日:2007/02/01
Amazon.co.jpで詳細を確認する

SCRATCH スクラッチミミング Health and Beauty SCRATCH スクラッチミミング

Amazon.co.jpで詳細を確認する

小児急性中耳炎診療ガイドライン〈2006年版〉 Book 小児急性中耳炎診療ガイドライン〈2006年版〉

販売元:金原出版
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0)

2008年12月11日 (木)

世俗にまみれた…

人にはいろいろな顔があるもので、必ずしも自分が見ているものだけが正しいものであるということはありません。また、同じように、自分は誰とでも同じように接しているつもりでも、他の人にとっては好感を持って捕らえられていたり、またその反対も考えられます。

自分がこうだ、と思っていた人でも、他の方の評価を聞くと、え、と思ってしまうことが多いです。人と多く接する人は、その分、敵も多いのでしょうか。ついつい、あれ、これはどうかな、と色眼鏡で見てしまいます。清潔に見えた人が実はとんでもなくだらしなかったり、友人が多くてすごいな、と思っている人が、実はとてもクローズドな集まりにだけ力を発揮する人で、他には評判が悪かったり。大人だと思っていた人が、実はとんでもなくわがままで、子どもっぽかったり。

自分の中の評価を変える必要はないにしても、ただ賞賛と尊敬だけだった人とか、他からいろいろ言われていても、自分にはいい人だったな、という人への、自分の中のランクが変化していることは事実です。幅広く大きく物事を見たり、たくさんの人との付き合いが始まったりすることは、悪いことではないでしょう。今まで100%と思ってきたことも、70%とか、評価を下げて惑わされないようにすることも必要ですかねぇ。

私などとても評価を気にしてしまうタイプですから、同じように他からの評価を気にされる方は大変ですよね。その方が亡くなったとき、あるいは何らかの形でいなくなったときに、真の評価を受けることになるのですね。人間ですから、奇麗事ばかりではない。世俗にまみれた部分も、やはりまた真、ということでしょうか。

入門経済思想史 世俗の思想家たち (ちくま学芸文庫) Book 入門経済思想史 世俗の思想家たち (ちくま学芸文庫)

著者:ロバート・L. ハイルブローナー
販売元:筑摩書房
Amazon.co.jpで詳細を確認する

世俗詩人ダンテ Book 世俗詩人ダンテ

著者:E. アウエルバッハ
販売元:みすず書房
Amazon.co.jpで詳細を確認する

愛されている者の生活―世俗社会に生きる友のために Book 愛されている者の生活―世俗社会に生きる友のために

著者:ヘンリ・ナウエン
販売元:あめんどう
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0)

2008年12月 8日 (月)

厄除けはしとかないと

ここのところ、立て続けに娘がぽかをしています。よくよく考えたら、ここ2~3年に、財布は2回無くすし、定期や携帯電話は落とすし、その被害、実害は甚大。娘はまもなく20歳。ただ性格的にうっかりなのか、それとも厄年で何か大きな力が働いているのかはわかりませんが、厄年前後に続けて大変なことが起こりすぎ。必然的に「何かあるんじゃない?」といろんなことを疑わざるをえません。

せっかく下の娘が少し落ち着いてきたと思ったら、今度は上の娘のトラブル。お兄ちゃんの就職氷河期は相変わらず、親の株の暴落は言わずもがなです。毎日がジェットコースターに乗っているようで、スリル満点といえばスリル満点。私自身の仕事も、すべてが締め切りぎりぎりで、危ない綱渡りをしながらの毎日。ちっとも余裕がありません。

逆に、どんなショックな出来事があっても、皆が元気で仕事にいけて、いつの間にかダメージがリカバーしているということは、実はとってもラッキーなんでしょうか。元気でさえいれば、失ったお金なんて気にすることはない。そんな風に思って進んでいくしかないですね。ある日振り返ると、苦しかった日々がいい思い出に変わっていることを信じて。

Dr.コパの音風水~厄除け開運編~ Music Dr.コパの音風水~厄除け開運編~

アーティスト:ヒーリング
販売元:avex io
発売日:2009/01/14
Amazon.co.jpで詳細を確認する

日本人 効く厄よけ Book 日本人 効く厄よけ

著者:旭岡 靖人
販売元:小学館
Amazon.co.jpで詳細を確認する

のほほん族 スピリチュアルストーン 厄除けに効くロッククリスタル Toy のほほん族 スピリチュアルストーン 厄除けに効くロッククリスタル

販売元:タカラトミー
発売日:2008/05/21
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0)

2008年12月 4日 (木)

社会不安拡大

最近のニュースときたら、雇用不安に大麻汚染などなど、年末だというのに、いや、年末だからか、暗いニュースばかりです。少しは明るい話題はないかと探すのですが、個人的なことも含めて、経済的にシンドイとか、不安を抱えたまま年越しなのか、とか、そんなことばかり。

忍び寄る不況の波は、年末だというのに財布の紐を固く締める結果となり、できるだけ安くとか、毎年買っているものも今年はやめとこか、という結果になっています。おかげで流通系の株は、下がったっきり上がる気配すらみえません。もともと儲けようという気もなく保有しているものですが、ここに来て持ち重りしています。株はいくら下がっても、売って損切りしない限り、自分に不利益を出すこともないのですが、それでも寝覚めが悪いです。経済ニュースについつい一喜一憂してしまいます。

期間社員だけでなく、とうとう正社員もリストラの余波を受けることとなり、いよいよ日本の経済が混沌としてきました。テレビを見ると、それぞれの立場でデモをしたり、シュプレヒコールをしたり、アクションを起こしたり怒ったりされている方々が映ります。誰かが何かをしてくれる、そんな期待は持たない方がいいかも。自分の道は自分で守っていかなくてはなりません。

一生懸命に努力してもどうにもならない、損出だけが膨らんでいく、そんな悲しい時代になりました。ここのところの私のブログにも、いい話はとんとなし。じっと待っていれば春は来るのかな。もっといいことが起こるのかな。底なし沼のような毎日です。

職場の心理学(21)「やる気・モラール」と雇用形態の相関関係
配信元:電子書店パピレス
提供:@niftyコンテンツ
質問に答えるだけでエントリーシート・履歴書がすぐ書ける 受かる!自己分析シート Book 質問に答えるだけでエントリーシート・履歴書がすぐ書ける 受かる!自己分析シート

著者:田口 久人
販売元:日本実業出版社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

就職四季報〈2010年版〉 (就職シリーズ) Book 就職四季報〈2010年版〉 (就職シリーズ)

販売元:東洋経済新報社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0)

2008年12月 2日 (火)

わかりにくい不幸?

婦人画報の今月号に、世界の子どもたちの写真付きの記事がありました。「今日を生きる子どもたちへ」という部分です。それぞれの国の子どもにまつわる事情が、子どもたちの写真と共に載っているものです。

インドなど特殊な事情が存在する国などは、幸不幸がわかりやすい形で存在しますが、日本のような一見幸福に満ち溢れた国に関しては、ほかと対比して恵まれている、という視点で取材されます。しかし、中にはいじめや引きこもり、不登校など、表面だけを見ているだけではわからない、深い闇が存在します。わかりやすい形での不幸が悲惨なのか、一見幸せそうなところに存在する不幸がより悲惨なのか、だんだんわからなくなってきます。

挫折を知らないで生きてこられた方は、何が幸福で何が不幸なのか、あまり理解されないことでしょう。自分が傷ついてきた人には、人の心の痛みに寄り添えるのだと思います。身内が亡くなるような体験をされた方は、より深く人を愛したり、幸福が有限であることがわかっていたりします。

もちろん、人は見かけにはよりません。例え傍目からみれば、何不自由のない幸福な人に見えても、きっと誰にもいえない心の闇は抱えていることもあります。もっと、もっと、と野心満々で、今にちっとも満足されていないかもわかりません。

少なくとも、自分は慢心するのはやめようと思います。ただ歳がいっているだけで、モノがわかったフリをしたり、社会的におかれている立場だけで、それがあたかもすべてを凌駕するものであると思うのはやめたいと思います。「分」をわきまえない人間が大嫌いなのは、きっと慢心してる自分に重ね合わせているからだと思います。自分は優れた人間だとか、特別な人間だとか思うのは、万に一つもないようにしたいと思います。ビジネスをしてる上では致命傷なのかもわかりませんが、人間として生きるうえでは、ハードルを下げた方が生きやすいのです。新しい年を迎えるにあたって、いろいろなことがあった今年を振り返って、あれこれ考えている次第です。

美しいキモノ 2008年 12月号 [雑誌] Book 美しいキモノ 2008年 12月号 [雑誌]

販売元:アシェット婦人画報社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

MEN'S CLUB (メンズクラブ) 2008年 12月号 [雑誌] Book MEN'S CLUB (メンズクラブ) 2008年 12月号 [雑誌]

販売元:アシェット婦人画報社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ELLE JAPON (エル・ジャポン) 2008年 12月号 [雑誌] Book ELLE JAPON (エル・ジャポン) 2008年 12月号 [雑誌]

販売元:アシェット婦人画報社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

婦人画報 2008年 12月号 [雑誌] Book 婦人画報 2008年 12月号 [雑誌]

販売元:アシェット婦人画報社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »