« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月

2010年2月24日 (水)

着物に対する考え方

ツイッターでしゃべってると、いろいろな方と交流することができます。その中で、普段はなかなか自分の着物感、というのを意識したことはないのですが、他の方とのツイートの中で、自分と他人との意識の違いが、顕著に現れてくるものなのだなと思うことがありました。

ツイッターは140文字しか入りません。このため、1回で自分の思いをすべて込められるはずもなく、何度かに分けてツイート投稿したり、あるいは言葉尻をいろいろ変えて、なんとか自分の思いをまとめあげて伝えようとします。

私は、着物というのは楽しんで着るもので、洋服とは違った、自分をある程度高めてくれるものだと思っています。ですので、普段づかい、とか、洋服と格差のない着物、とかは、あまり好きではありません。洋服の自分と、着物の自分、落差を楽しみたいほうなのです。

真の着物好きは、そういうのがお嫌いなようで。ご自身がまとってよかったもの、着心地にこだわっていいものをオススメくださるのですが、それが結果として、自分の趣味だったり、主義主張にあわないものになってしまったりします。普段によく着物を着られる方には、私のようなぽっと出の着物着用者は、実は迷惑な話なのでしょう。

京都にいると、やわらかものに囲まれます。絵羽モノでも作家モノでも、本当に芸術品のようなものに触れることがあります。自分が縫うのも、無地や織りのものより、やはり華やかな振袖、絵羽モノなどは、着せる楽しみも含めて、楽しく縫うことができます。

着物イコール実用品、あるいはいいものは長く着られる、という発想がない、ミーハーは着物を縫う資格はないのでしょうか?美しい着物じゃないとやはりまといたくないというのは、わがままでしょうか?着物関連のツイートを聞くと、へこむことが多いです。

着物の織りと染めがわかる事典 Book 着物の織りと染めがわかる事典

著者:滝沢 静江
販売元:日本実業出版社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

美しいキモノ 2009年 03月号 [雑誌] Book 美しいキモノ 2009年 03月号 [雑誌]

著者:編集長 棚町敦子
販売元:アシェット婦人画報社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0)

2010年2月15日 (月)

母はエライ!

洗濯機が昨日の夜、突然動かなくなってしまいました。洗いはできても、そこから先へは進まないのです。仕方がないので、手でいったん絞って、かなりの重さのある洗濯物を、車に積んでコインランドリーに走りました。

コインランドリーって意外に高いんですねえ。洗いだけで600円。乾燥なんかもお任せすると、1,000円近くなるらしい。大物(毛布とか、敷物とか)は、このようなランドリーがあるといいですが、日常のお洗濯には、ちょっと高いですね。

修理を依頼すると、明日でないと来てくれないらしい。あらら、今日の洗濯どうしよう。とりあえず家族には非常事態宣言。今日は手で洗う!と宣言し、洗濯物のスリム化を図ることに。あとは、直せれば直しますし、あかんかったらご購入~♪ただ、毎日のことなので、タイムラグは極力避けたい。一日でも洗わない日があると、ただでさえ今は、天候が安定してなくて乾きが遅いのに、やばいことになってしまいます。

それにしても、昔のお母さんはこれを、毎日手でやってたのね。ああ、無理。季節ごとの洗い張り、なんてあったら、どんな手間でしょうか。洗濯機を始めとする、文明の利器に感謝。これらがなかったら、働く主婦は大ピンチ。食べることだって、掃除だって思うようにできなくなります。

一日も早く、我が家の洗濯機が復活することを祈って、感謝の心で手洗いにいそしみます。爪、折れちゃった…。

ステンレスピンチ (洗濯ばさみ) 10個セット 00357-9 Kitchen ステンレスピンチ (洗濯ばさみ) 10個セット 00357-9

販売元:大木製作所
Amazon.co.jpで詳細を確認する

arau. 洗濯用せっけん 計量ボトル 1200ml Health and Beauty arau. 洗濯用せっけん 計量ボトル 1200ml

Amazon.co.jpで詳細を確認する

きもののお手入れ&お直し 決定版 ―たたみ方から古よれ着物の再生術まで、まるごと全部わかります。 Book きもののお手入れ&お直し 決定版 ―たたみ方から古よれ着物の再生術まで、まるごと全部わかります。

販売元:世界文化社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

男子家事 料理・洗濯・掃除の新メソッド Book 男子家事 料理・洗濯・掃除の新メソッド

著者:阿部 絢子
販売元:マガジンハウス
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0)

2010年2月10日 (水)

応援したい

自分自身が弱い人間なので、困っている人、弱っている人を応援したくなります。また、がんばっている人にも、哀愁を感じ心を寄せてしまいます。自分だって、そんな余裕はないくせに。誰かを励ましている時にはきっと、自分も励まされているのです。

自分が悲しんだ記憶があるから、悲しんでいる人には弱いです。力には力で返しますが、弱っている人には、余計に弱ることをすることはできません。自分に余裕がなさ過ぎる時は別ですが、相手が喜ぶことはできるだけかなえてあげようと思います。

だから、それができない時は、最初から、視界に入れない。思い出すことをしない。ここのところ、そんなことばかりが続いています。詳細は、このブログで。
http://blog.livedoor.jp/celica_coach/

EUPAボムたこ焼き器 UHT-1T Kitchen EUPAボムたこ焼き器 UHT-1T

販売元:EUPA
Amazon.co.jpで詳細を確認する

絶品お好み焼き・たこ焼き・もんじゃ焼き Book 絶品お好み焼き・たこ焼き・もんじゃ焼き

著者:成美堂出版編集部
販売元:成美堂出版
Amazon.co.jpで詳細を確認する

うまいっ!お好み焼き&焼きそば―失敗しない生地の配合、焼き方教えます! (主婦の友αブックス) Book うまいっ!お好み焼き&焼きそば―失敗しない生地の配合、焼き方教えます! (主婦の友αブックス)

著者:林 幸子
販売元:主婦の友社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0)

2010年2月 1日 (月)

安ければいいの…か?

デフレが進んで、モノの価格がどんどん下がっています。モノ作りの現場が、苦労して作った商品が、叩かれて叩かれて、びっくりするような安値で売り買いされています。

確かに、不景気で、財布の紐が固くなっている今、同じ品質なら少しでも安い方がいいです。企業努力として、価格を下げているのは、すごいなあ、がんばっているなあ、と思います。

適正な品質で適正な価格になれば文句はありません。こんな状況ですから、皆が少しずつ努力して、デフレを回避していければ理想です。そうではなく、いたずらに競合を意識して値を下げたり、そのことによって作り手が泣くようになるのは、はたして正しいといえるのでしょうか?反対に、価格が付けられないようなものが、どんどん値上がりしていくようなことはないでしょうか?

私たちも販売の現場で、通常値下げしない商品の中で、特に人気のある商品を、期間限定で値下げしたところ、たくさんお客様に来て頂きました。中には、通常1つしか買わないようなものを、まとめていくつか買われる方も。値下げの効果はすごいと、改めて思って次第です。

ただ、安売りに走るのは麻薬と同じと聞きます。一時的に売り上げが上がって、いっときは喜びますが、継続していくには、もう再び値上げすることは難しくなります。かといって、安売り以外に、即効性のある販促はみつからないし。時間をかけてわかってもらうには、もう社会的に待てる状況ではないし。安さだけを基準にすることは、もうやめたいなあと思っているところです。食べ物も、雑貨も、嗜好品も、ありとあらゆる商品を、です。

| | コメント (0)

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »