« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月

2010年12月28日 (火)

今年もあと少し

クリスマスで賑わっていたかと思えば、あっという間に年末年始のあわただしさの、真っ只中に放り出されたようです。あんなに街を彩っていた、赤と緑と金色が、一瞬のうちにクラシックな日本のお正月の風景にとって変わっています。

先日のフィギュアの様子を見ていて、涙の復活劇についついつられてしまいました。彼女の苦しかった日々と、復活にかける勇気に、本当に励まされました。同じような時期に、本田選手が故郷で、小学生に向かって、「夢は強く願えばかなうから」と講演されたそうです。努力して道を切り開かれた方々の言葉は、心を打ちますね。

省みて自分は、今年何をやってきたのか、何をやり遂げたのか、思い返してみると、恥ずかしい限りです。自分なりにがんばっているつもりでも、実はちっとも進歩していなかったとしたら、それはいったいなんだったのでしょうか。

新しい年に、何が出来るか、何が始まるか、期待半分、怖れ半分です。今年以上に、肉体的にも厳しさを増すでしょうから、少しずつ不自由になっていく、己の体と心に、挑戦しないといけません。来年は、もっともっと自分発信をしていきたいのですが、かなうでしょうか?

| | コメント (0)

2010年12月20日 (月)

お掃除はプロに

今、ハウスクリーニング業界がアツイらしいのです。この不況下、伸びている業種はそんなにないと思うのですが、ハウスクリーニングに関しては、伸び率がすごいらしい。起業も資格とかないらしくて、意外と簡単に会社ができたりするらしいですよ。

かくいう私も、今年は初めて、プロのお掃除やさんに、お掃除に来ていただきました。きっかけはアルファステーション、エフエム京都というラジオの人気DJさん、後藤晃宏さんの番組で、お掃除のパックがお安くなっていると言っておられたので。「TWILIGHT AVENUE」という、土曜日夕方の番組なのですが、そのスポンサーのアオキビルメンテナンス、という会社にお願いしちゃいました。

家族になんて言われるだろう、と初めてのことなので気にしていたのですが、評判は思いのほかよかったです。夫など、さすがはプロだ、市販薬と医者の薬くらいの差だ、などと、わけのわからない例えまで持ち出す始末。これを機に、普段は自分でしても、年末など区切りにはやはり、プロにメンテナンスしてもらったほうがいいのかな、と思うようになりました。

高いところは怖いし危ないし、機械モノは故障が怖い。なので、換気ダクトは手付かずでした。それも、本当にキレイになりましたよ~。息子など、キッチン、広くなった?なんて。どんなにこすっても落ちなかったお風呂場のこびりつき汚れもすっきり、シャワーの目地まできれいなので、シャワーの水量もしゅわ~って。こんなに出るはずだったんだ…。

これじゃ、他のご家庭も頼まれるワケです。アオキビルメンテナンスさんのお掃除、予約でいっぱいらしいですよ。今回はキッチン、換気扇、洗面所、お風呂、トイレでしたが、他のところもやってもらいたい感じです。

すっかりプロに任せてしまったことに、他にはクリーニングがあります。さすがはプロ、という仕上がりに、家族も「そっちの方がいいよ!」と大賛成。こうやって少しずつ、家庭の主婦の仕事が、プロにとってかわるのですね。着物の仕立ての仕事を家庭へ戻したい希望のある私としては、なんか複雑な気分です。楽っちゃ楽なんですが。

| | コメント (0)

2010年12月15日 (水)

いらっとして、終わる

忙しいという字は、心を亡くす、と書きます。あせればあせるほど、物事がうまくいかず、悪い流れにはまっていく気がします。時間がないときに限って、そうなんですよね~。

娘の振袖を、成人式に間に合わせようとがんばっているのですが、仕事に手を取られたり、仕事の研修の進み具合がうまくいかなかったりして、落ち着いた時間がとれずにいます。そんなときに限って、すいすい縫えるわけでもなく、自分で納得がいかない箇所がちらちら出てきて、結局ずっと前まで戻ってやり直したりしています。

娘に着物を縫ってやる、話だけ聴くと美談なんですが、現実はそうじゃなんだな、これが。親子なので、普通にけんかとかやっちゃうんです。そうなってくると、寝る間を惜しんで縫っているのが、急にばからしくなってきちゃったりします。結局、親の自己満足なんでしょうね。

今年の初めに奄美大島に行って、おおらかにのんびり過ごすことの楽しさを知って以来、今年は無理するのはやめよう、自分のペースで生活していこう、と決意したはずなのに、結局一年の終わりには、あせっていらっとして、思い通りに行かないことが許せなくて終わるんだ、と気づき始めました。なんのための決意だったのか、一年の計は無駄?

知人に、グアム島が大好きになって、今年に入ってからもう、何回も現地を訪れている方がいらっしゃいます。定年になったら、グアムに移住するのが夢だそうです。それまでは、がんばってお金を貯めるんですって。いいなあ。

まもなく、新しい年がやってきます。でも、相変わらず、進歩のない生活を続けるんだろうなあ。お金も時間ももっともっと、って。やっぱ、いらっとして終わるんですね。

| | コメント (0)

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »