« 自分軸 | トップページ | みんな、気づいていました »

2011年6月18日 (土)

住んでる町が好きになる!

もう10年以上もお世話になっている美容院の方が、独立されるということで、初めて新しいお店に行ってみました。場所は、大映通り、太秦の中心的な通りにあります。新しい美容院は、新しくて、インテリアにも凝った、とても素敵なところでした。

京都自体がスピリチュアルな場所だといわれていますが、その中でも太秦は、スピリチュアル度が高いといわれています。蚕の社や太秦広隆寺がある、というだけでなく、もともと、太秦は日本のハリウッド、と呼ばれるほど、映画の撮影所がたくさんあったところでした。戦後、松竹・大映・東映が太秦に揃い踏みし、映画の街だったそうです。

大映の撮影所があった場所は、今は太秦中学校になっています。ここで撮られた黒澤明監督の「羅生門」が、ヴェネチア国際映画祭で、金獅子賞を受賞したということで、記念の碑が建っていて、今はそれだけが当時の栄光を伝えています。

松竹・東映の撮影所は今も残り、映像を学ぶ学生とか、観光客の方などがよく訪れていらっしゃいます。大映通りは、京都のほかの商店街、例えば寺町とか新京極などと比べて、明らかにさびれていますが、地元の方々が盛り上げようとされている息吹が、とてもよく伝わってきて、行くのが楽しいところになっています。

また、車があまり入ってこなくて、自転車や子供が多かったり、近くをがたごとと嵐電が通る、というシチュエーションもいいのでしょう。建ってるマンションやおうちも、一工夫された、意外な感じのものが多いですね。こんな住宅街に?と思うような場所に、ぽこっと店舗があったり。さびれてるけど、それに甘んじてない、どこか物悲しい気がするのもスピリチュアルゆえんでしょうか。

その太秦にこだわった美容院の方のおかげで、大映通りをじっくり歩いてみて、太秦という街が、余計に好きになりました。ここらあたりに出かけるには、車ではなくじっくり歩きます。歩くからこそ、見える光景もあるようで、ここに移ってきて3年くらいになりますが、ようやく住民になれた気がします。

|

« 自分軸 | トップページ | みんな、気づいていました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 自分軸 | トップページ | みんな、気づいていました »