« ありがとう、さようなら | トップページ | 昔の痛みを… »

2011年9月23日 (金)

揺れる思い

秋が濃くなってきました。そろそろ大きな布団が恋しくなって、夏蒲団をしまって、秋冬物の入れ替えをしました。空がどんどん高くなって、朝晩が急激に冷えてきましたね。夏の終わり、秋の始まりは、いつも突然のような気がするのはなぜでしょうか。

自分が考えたようには、世の中まわらないもので、もっとこうしたらいいのに、とか、こんなことがやってみたい、とか思いながら、実はその10分の1も、実行できないままでいます。若いうちは、自分の可能性を信じることもできますが、この歳になったら、あまりギラギラしたものはもてません。静かに、身の丈に合った生活をするだけです。

時間とお金と仲間が十分集まれば、やってみたいことくらいあります。昨日のテレビ番組で「なるには王国」というのがありましたが、ご覧になりましたか?ITの勝ち組、サイバーエージェントの社員さんは、新卒でいきなり社長、というのが普通だそうです。会社の中で、同じように机を並べていて、名刺は代取、なんて、あまり考えられない状況ですね。リスクは誰が持つのでしょうか?

親会社に、家賃・光熱費など持ってもらっているから、実費としてかかった販管費くらいしか、経費はかからないのでしょうね。経営責任はどこまで?とうらやましくなってしまいます。社長は、倍以上仕事ができなければ、という考えは古いのかな?

大きな冒険、なんてできるはずもなく、せいぜい机上で設計図を書くぐらいですが、気持ちは揺れています。安定なんてどこにもない、前に向いて進まないと、下がってしまいそうです。

|

« ありがとう、さようなら | トップページ | 昔の痛みを… »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ありがとう、さようなら | トップページ | 昔の痛みを… »