« 格好を付ける、功罪 | トップページ | いよいよ解禁! »

2011年11月21日 (月)

今日がとうとうきたんだね

息子がこの前、夏季に取れなかった休暇をこの時期にとって、彼女を連れて田舎に帰ってきました。見た目より家族思いのところがあって、おじいちゃん、おばあちゃんに、結婚するつもりの彼女を、見せたかったようなのです。まだまだ具体的な話が進む前ですから、まだ少々早いかなという気がしたのですが、男親側としては、気持ちよく若い二人を送り出しました。

結果からいいますと、とっても喜んで二人とも帰ってきました。彼女は若干、人見知りの気があって、最初はどうなることかと思ったそうですが(息子談)、おじいちゃん、おばあちゃんも好意的に思ってもらえたようで、しっかり二人で休暇を祖父母の家で満喫してきました。

何が良かったって、彼女が、おばあちゃんの出した食事を、おいしいおいしいとなんでもたくさん食べてくれたそうです。いまどきの若い子は、ダイエットだ、なんだと、食が細かったり、好き嫌いをしたりする子が多いのに、気持ちよく食べてくれたので、おばあちゃんとしては嬉しかったようです。息子よりたくさん食べたのではないかと言っていました。

我が家に遊びに来た時も、本当に気持ちいいくらいよく食べてよく飲んで、明るくていい子です。本当にお嫁さんに来てくれるなら、息子がそう望むなら、親としては大歓迎です。

ただ、つらつら思いだすのは、息子が生まれたときのこと。母乳だけでは足りずに、ミルクをたらふく飲んでいたこと、初めて飛行機ブーンができて、自慢そうな顔をしたこと。年少で幼稚園に入れて、最初の園バスに乗せたときに、泣きそうな顔でお母さんの顔を、見えなくなるまでじっと見ていたこと。中学受験をさせたときに、親の方がテンパって、お弁当にお箸を入れ忘れたこと。妹たちのやんちゃに手を焼いていた私のことを、さりげなくフォローしてくれたこと…。

息子が結婚するかもわからない、というだけで、こんなにたそがれるなんて、娘がお嫁に行く時は、いったいどうなっちゃうんでしょうね。やはり、ずっと家族5人で、仲良く肩寄せ合ってきたのですから、たった一人でもいなくなるとなると、とうとうこの日がきたんだなという感慨でいっぱいです。さて、出て行くその日まで、どのくらい泣かないといけないのでしょうか。

|

« 格好を付ける、功罪 | トップページ | いよいよ解禁! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 格好を付ける、功罪 | トップページ | いよいよ解禁! »