« 2011年12月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年3月

2012年3月29日 (木)

きっかけは、浅草寺

お彼岸を超えて、あ、そういえばしばらく、先祖供養のお願いをしていなかったことに気づきました。

数年前、幸せになる占いというのをやってもらって、その占い師さんに、先祖供養の大切さを諭されたのがきっかけで、浅草寺さんに、先祖供養を折々にお願いしてきました。浅草寺さんは、富士山の浅間神社と同じ、木花咲耶姫に関連されているそうで、先祖を癒す力がとても強いそうです。

今ちょうど話題の、オセロのなんとかさんの話に近いような気がしますが、私はその話に納得したため、ずっと浅草寺さんに、春と秋のお彼岸、お盆の法要をお願いしてきました。でもここ1年くらい、気持ちが緩んだのか、少し忘れがちになっていたのです。

仕事を変わって、つらい日々が続いたのち、思い出したように浅草寺さんにお願いしたところ、気持ちの向き方が全く変わりました。それまでは、悪いことが起こらないように、失敗しないように、後ろ向きのお願いしかしなかったのですが。

だめだったら辞めたらいい。どうせ辞めるなら、やりたいようにやってから辞めよう。そう自分を俯瞰的にみられるようになりました。そうすると、必死でとっていたメモも、見直してまとめながら、こんな場合はどうだろう、こうだったらどうだろうと、疑問に思えることがとても増えてきたのです。

できないこと、しなくてもいいことの切り分けをして、無理しない、理不尽なことはおかしいと言えるようになること。なんと、こんな働くうえで基本的なことを、息子から教えられました。彼も文系の大学を出て、理系の会社に就職して、モーレツサラリーマンのような生活をしている身です。苦労して環境になじんだ大先輩?なので、相談したり、アドバイスをもらったりしました。

今までのやり方では、ミスばかりするのは当たり前でした。自分に自信を失って、どんどんつまんない自分になっていくのを、今度は冷めた目で見つめられるようになりました。そうなると、腹が据わります。いいや、未経験なんだから、社員じゃなくパートなんだから、やれるようにやってみよう。辞めるのはいつでもできる。仕事は選ばなければ必ずある。

誰にも期待しない。傷つかない。環境になじむには、自分が変わるしかないのです。ようやく、少しわかってきたような気がします。きっかけは、やはり、先祖からの助け舟だったのでしょうか?

| | コメント (0)

2012年3月18日 (日)

どこに行こうかな

今年中に、夫婦で30万円の旅行券を、夫の会社からいただけることとなりました。なんでも、勤続30周年記念のご褒美だそうです。さて、いつ、どこに行こう、ということで、今から悩んでいます。

国内で夫婦で30万、といっても、数日かけないと使い切れません。旅行で完全に使い切らないと、残額に税金がかかってしまうそうで、困っています。夫も私も、仕事柄そんなに長く休みをいただくことは不可能ですので、効率よくうまく使わないと、短い休みでは消化しきれません。

北に行くか、南に行くかでまず悩みました。南はゆっくりできてリゾート感が高いのですが、なにせ、食事が口に合うものが少ないのです。奄美大島は行ったことがあって、とってもいい所で食事も良くてまた行きたいですが、沖縄は、夫が食べ物が合わなくていやだといいます。

北は逆に、おいしいものに期待がかかりますが、ここから行くとなると、移動だけで結構お金がかかります。それはそれでいいのですが、さて、いつどこにいくかで、見どころ、快適度が異なります。さて、どうしようと悩むところです。

今、一番行きたいのは、平泉の世界遺産か、青森の恐山か、というところですが、実現するでしょうか?仕事柄、ホテルも一番いい所で、スイートととまではいかなくても、かなりい所、に泊まりたいなと思っています。最高のもてなしを勉強するのもいいかなと。さて、これからまた計画しなくてはいけません。

| | コメント (0)

2012年3月11日 (日)

捨てて、得る

皆さま、お久しぶりです。休止しようと考えていたこのブログですが、考えるところあって再開することにしました。ブログ自体を、なかなか書くことができない状態が長く続き、書く、ということを、機械的にこなすことが続きました。

2月初旬から、環境ががらりと変わり、かなり、自分なりに、頑張ったと思います。仕事も、プライベートも、です。つらいとか悲しいとか、そんなことも考えるのを忘れていました。やさしい言葉をかけられると、張りつめた気持ちが崩れてしまうので、口角はあげつつも、心の中で歯を食いしばっていました。

人生を半分過ぎて、なお未経験のことをさせてもらえて、自分を向上させていける機会を与えられたこと、それだけですごいじゃん、と家族に励まされて、なるほどと思いました。そして、楽しんでブログを更新する、ということを捨てて初めて、もう一度楽しんで書きたい、と思えるようになりました。

人生に無駄なことは一つもないと思います。こんなに苦しい今を、いつかは笑って見返すことができるようになるのでしょうか。今は想像がつかないですが、その日が来るのを信じたいと思います。

| | コメント (0)

« 2011年12月 | トップページ | 2012年7月 »